8~9月の作業

8/19
曇り予想だったので 07J に入山して、クランクアップタワーのワイヤ交換を試みました。3時間格闘しましたが、シープの20φシャフトが抜けませんでした。プーラーを準備して再挑戦することにしました。
この後は、高校野球観戦と昼寝。その合間の日が陰ったときに草刈り2時間。うっかり160m IV 切ったので圧着でつなぎました。
最高気温34.7℃。

8/26-27
2本足のプーラーを借りましたが、WW DIGI に集中して作業はできませんでした。

9/3
All Asian はあまりに condx 悪く、気温低めの一日曇り予報ということで、お昼から作業開始。
タワー下と中のシャフト4本抜いてワイヤを交換しました。
実測採寸したのにミスったようでワイヤが 0.6m ほど長いです。
タワー上部シープ2か所は、新しいワイヤは頭が通ったのですが、古いワイヤは頭の幅が広く抜けませんでした。高所でシャフトの抜き差しは大変そうなので、後日切断して抜くことにしました。ここまで4時間。ヘロヘロの汗だくです。頭からバケツで水をかぶって汗を流し AA に復帰しました。

旧ワイヤ 14φ 幅86mm
新ワイヤ 12φ 幅70mm

下シープ 軸受幅45mm
中シープ 軸受幅50mm 
上シープ 軸受幅82mm

9/4
夜明けともに目覚めたので、食事をとり身支度を整えて作業開始。金ノコで14㎜ステンレスワイヤの切断は骨が折れました。古いワイヤを抜いて試運転。西のチェンブロックを巻ききってもリミットSWまで伸びず、前より1mちょい低くなりました。上限のリミットSWを0.2-0.3m手前で叩くか、東のリミットSWを同じくらい上げれば解決しそうです。とりあえず昇降順調で、よかった、よかった。
と思いきや、
3回目の下降時に東のチェンブロックから、カツッ、カツッ、と嫌な音。も一度上昇しようとしたら下降。時々上昇することもありましたが、そのうち下降しかしなくなりました。一難去ってまた一難。とほほです。作業を始めて2時間が経過し天気も良く汗だくのヘロヘロ。続きは頭を冷やしてまた後日としましょう。
近所の温泉で汗を流し、シャックに戻り筋肉痛に疼く躰にビールを2本を流し込んでお昼寝。これはこれで至福♪

9/5
取説によると、下記のどちらかのようです。

故障診断表 6.逆転動作ができない。●ガバナスイッチが破損している。

単相電気チェーンブロックの「巻上げ」押ボタンを押した時ロードチェーンが巻上がらない時は運転を 15 分ほど休止してください。(巻下げ方向は安全上からスイッチは入るようにしてあります。)モータに取り付けてある、サーマルプロテクタ(温度センサー)が働きモータの温度が下がるまで運転が出来ないようにしてあります。

9/7
空き時間にちょこっと立ち寄って上SWを押してみましたが、下がるばかりです。ガバナSWの破損ってどうやって修理すればよいのかしら?

9/9
伸ばす手順発見。
・西のチェンブロックが上がってリミットSWを叩くと
・東のチェンブロックが下がりはじめる。
・下がりきったところで反転して上昇。
・西と同じ高さで手動停止。途中で止めない(一旦止めると上SWで下がる)。
異常な動作ですが修理方法がわからないので、この状態で様子をみることにしました。
動作時 97V 位だったので、電圧降下が原因ではないようです。
上のリミットSWに50㎝弱届かず前より1.5m位低いです。飛びはかわらないでしょう。

9/10
念のために端子の増し締めもしましたが、緩みなしでした。
古いワイヤは重くうねってもいて、素線切れでとげとげの油まみれの草まみれ。防刃手袋のうえに軍手をはめて、箱に入れるだけで大汗でした。後日、知り合いの産廃屋さんに買い取ってもらいました。以前の事故で痛めたステンレスワイヤも一緒に買ってもらいました。
曇り空だったので一時間草刈りもして、頭からバケツで水をかぶり、ビールがうまいっ! 
ぐぅぐぅ昼寝して夕方 WAE に復帰。

Img_3493 

9/24
手直ししたいことはありますが、徹夜したので作業はお休み。

9/27
芝刈り競技の後に寄り道して、
・チェーンのねじれを修正
・上限リミットSWを叩く金具を追加

| | Comments (0)

micro2R 修理

Radio 2 の PTT が本体の中で地しているので調査。
回路図が入手できなかったので、テスタと目視で回路を追っかけると、Q6 上部が焼けていてコレクタとアースの抵抗値も低くなっていました。

U2r1

2SC1815 手持ちの最後の一本と交換して治りました。
生産中止なのでもう入手できないのかとおもっていましたが、後日パーツ屋さんに行くと 2SC1815L がたくさんあったので補充しました。

チップトランジスタを外す際、プリントパターンも一緒にはぎ取ってしまい、回路を追っかけてハンダ付けしやすいところを探してむりやりくっつけました。不細工ですが動作は正常なので、これで修理完了。

U2r2

よかった、よかった。

| | Comments (0)

i7 870 修理

少し前から、一瞬画面が消えることがあり気になっていました。
遂に、青画面のデバイスエラー表示。
電源は入りファンは回るのですが、画面は真っ黒のままです。

グラボを手持ちの GTS240 に交換。電源が入らなくなりました。

もう1枚あった GTS240 に交換。画面が表示されました

中古で入手して 8年以上経つので寿命かとも思いましたが、
よかった、よかった。

10/4 その後また異音がではじめたので GTS240 をポチして交換。半額クーポンで送込¥0.5K。動作良好。

10/6 と思いきや異音発生。元にもどしました。

| | Comments (0)

4~5月の作業

4/8
40m の近距離用 IV 9mh を東端に架空。
干渉する木の伐採と枝打ちに時間を取られました。

4/15
近所で ICOM の展示会があったので立ち寄った後、炭などを購入し、あかぎであたたかいへんこつどんをいただいて入山。
ちょっとだけ様子見のつもりの WAPC が面白くて日が暮れてしまいました。
それからケーブルとフィルタの模様替え。

4/16
Es 用仮設アンテナの同軸準備をしていたら雨になったので、シャック内模様替えの続き。

4/22
Es 用の低い 10m 4el, 6m 4el を FAP ポールでコン柱に沿わせて仮設。
PC 整備 2台起動せず! N1MM+ のインストールと設定。

4/29,30
草刈。
焼肉設営。大雨の中テント下の焼肉もまた楽し。
PC補充。ノートを単独で MASTER にしたかったのですが 20m が同期せず残念。
2週間前に急遽 N1MM+ に変更。てことで、M/M機能余り活用できませんでした。そして、初 N1MM+ の方には十分な説明ができず申し訳なかったです。
無線機設営。早々と終わりそうな滑り出しでしたが、次々と問題が発生し計画からかなり変更。なんとか1h前に泡と肉にたどり着きました。
これまでになくへとへとで、日付が変わって 5h Zzz。日朝もう 1h 寝ました。

5/1
仮設したアンテナを撤去。
1エリアはガツンと開けず出番はほとんどありませんでした。

大量の機材の搬入・設営・搬出で、膝と肘がここ数日ガクガクです。

| | Comments (0)

RC5B コントローラ修理

AAPH の後に持ち帰っていたのですが、やっと手を付けることができました。

1台目
本体はスムーズに回るのですが、インディケータがぎくしゃくとなることがあります。R22,23 の 3.5KΩ パラが2本とも焼けて基盤の両面に真っ黒な煤が付着していました。とりあえず手持ちの1.2KΩに交換してスムーズに回るようになりました。ALLJAで160mが回り込むようになってからの不調ですが、回路図見てもそれが原因かわかりませんでした。
プリセットVRと実際の方向がかなりずれていました。細動防止に入れていた3.3kΩ3か所を外して方向が一致しました。
RC5 でテストしたので、RC5B で再チェック要です。

2台目
インディケータ不動のはずでしたが正常でした。しかし、プリセットがCCW方向にだけ回りません。
Q5 2SA1015 の足が一か所テンプラになっていました。しっかり半田を流し込んで完了。

| | Comments (0)

録音ケーブルのレベル調整

WW CW やりながら作った録音ケーブルに抵抗を入れてレベルを調整しました。
直列1KΩで小さなモニタ音も聞き取れるレベルまで下げました。受信音はまだかなり大きいですが、割れるほどではないのでよしとしました。
これだとヘッドフォン側の音量変化はありません。最初横着して並列に抵抗入れたのですが、数オームでないとレベルは下がらず、ヘッドフォンの音も小さくなってしまいました。あたりまえ。

| | Comments (0)

model 600 & 300-50, #1100

SIXPAK と model 600(1台目)の修理と改造
自宅でも 80m SWR無限大再現。
SIXPAK から model600 まで 80m の電圧は正常でしたが、10m の電圧が出ていません。SIXPAK のコントローラ内の radio A 端子台で BPF 10m が断線していました。修理したら 80m も正常に動作するようになりました。わけわからん。
調査中に model 600 のケース内で 20m が断線しているのも見つけました。FT Roundup の時引っ張りまわしたせいかな。
ということは 10m と 20m は BPF スルーで運用していたということです。トランシーバとSDRが壊れなくてよかった。
電圧喪失時の焼損防止のために、スルー回路のRLを取り外しました。これで安心

Img_3115

model 600(2台目) 改造
こちらもスルー回路のRLを取り外しました。
心配なので一通り動作確認しました。正常で一安心。

model 300-50 修理
47pF 3kV セラミックコンデンサが発熱して SWR が上がるので、ムラタの 10pF 3kV x4 パラに変更しました。30,35,45,50pF も試しましたがいずれも SWR はほぼ無限大でした。SWR=1.5 位なので、コイル間隔をちょっとだけ狭めて調整。100W でも SWR の変動はありません。よかった、よかった。
と、思いきや、焼ける臭いがしてもう片方のチップコンデンサも割れました。こちらも交換。
MFJ-269B で R=40-45 X=0
IC-7610 の SWR メータは振れません。この位で十分でしょう。
Img_3109

#1100 修理
シンワ電子の BPF。セラミックコンデンサが焼損しているはずなのですが、蓋を開けたものの外観ではどれかがわからず、何年もほったらかしになっていました。一番怪しい 20pF 1kV の、まずは片側をムラタの 10pF 3kV x2 パラに変更。運よくあたりでした。コイルの間隔を伸ばしたり縮めたりで微調整して、蓋を戻して修理完了。

Img_3117

| | Comments (0)

Skimmer frequency adjustment

1225 Adjustment の値で校正し、しばらく様子をみました。結構動いているなぁ。
0103 以降は -0.6ppm で再校正。

Skimmer 0104 0103 0102 0101 1231 1230 1229 1228 1227 1226
JH4UTP +0.1 -0.1 -0.6 -0.4 -0.6 -2.2 -1.4 0.1 -0.7 0.0

| | Comments (0)

Skimmer frequency accuracy

SkimSrv.ini の FreqCalibration を時々校正しているだけですが、QS1R のおうち skimmer は JA では誤差が少ない部類のようで一安心。
周波数がずれている skimmer が多いのでおうち skimmer 頼りでやってきましたが、精度の高い skimmer もみて効率よく S&P するとしましょう。

| | Comments (0)

台風14号

おうちの R48DXM が20度ほど回りました。
今日は行事があって WW RTTY はパス。帰宅後タワーに上りました。マストに固定するUボルトが緩く、手で回るほどでした。斜めになっていたキャパシティハットもついでに修正。鳥がとまってまたすぐに斜めになるのでしょうけど。
とっくの昔に要らなくなっていた子供たちが登らないように巻いていたポリカ波板も外しました。錆の原因になっていて気になっていたのです。ローバルを吹いておきました。
回転部の同軸が緩んでいたので、ビニールテープでしっかり固定しなおしました。X5000 の中継している個所の同軸に力がかかっていてちょっと怪しい感じでした。いつか GP ごと取り替えるとしましょう。
タワーの中におきっぱなしだったマストが随分錆びて不格好になってきたので、ブレスを外して抜き出しておきました。
みかけがさっぱりとしました。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧