10月13,14日の作業

A-620 のコピーを作りました。CL20 2本の部品を流用したので、買い物は 40φ 1m x 2 とねじボルトだけで仕上げることができました。ブームの 46φ 1.6+2.1m 部分がふにゃふにゃなので、ころがっていた 35φ を中に入れてみました。ブームステーとってもまだふにゃふにゃですが 30Kgちょいの軽さです。

組み立てる前に寸法再確認。

おろしたエレベータのマストにとりつけた足場の上をブームを滑らせながらエレメントを載せていって完成。

回すとプーリに当たるので、15, 20m のマスト取付位置を 30cm ほど上げました。

ラジエータはオリジナルより 6cm 伸ばしてバンド内に収まりました。クリエートの給電箇所はナガラより外側になっているためのようです。

ディレクタに当たる木2本と倒木を伐採しました。
先日チェンソーの刃の向きが逆であることが判明しまして、正しい方向にしたらよく切れるようになりました。オハズカシイ。次は目立てをしてみようと思います。ご教示ありがとうございました。

これで杉の木と CL6DXZ x 2 の間をすりぬけて上下できるようになりました。20mと6mが EU方向にぴたっと揃っていないと当たります。要注意です。

地面の未使用のエレメントの干渉が気になるので、10-20mのアンテナの下から、30mほど東に移動しました。

17日頃まで筋肉痛に苦しめられました。

2tone が音声を認識しません。Setup を開いて保存でなおりました。

Img_0730

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9月22,24日の作業

伐採2本と草刈

未使用アンテナと同軸の整備

CL20 改造

アンテナ工事中の万一に備えて電力線の保護

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電子申請で変更届

の、備忘録。

再免許はこのところ電子申請でしたが、変更届は初めてでした。

1.増設届

新しい技術基準適合証明設備を増設する届です。
技術基準適合証明設備にチェックをいれて工事設計書に技適番号を入れれば、あとは必須項目だけ現在の免許内容と同じ内容を記入します。
これで新しい送信機に対応した電波形式の指定を受けた免許が届きました。

実は、現在の免許と同じ内容を記入しないといけないところを何箇所かまちがっていました。「何を変更したいのでしょうか?」とお電話をいただき、届けを取り下げて再度申請するというお恥ずかしい経緯をたどっています。

2.変更届

既設の送信機とリニアアンプに、増設した技術基準適合証明設備を接続する変更届です。
技術基準適合証明設備にチェックをいれず、工事設計書を編集して系統図を添付します。
これで新しい技術基準適合証明設備でもリニアアンプが使えるようになりました。

これまた記入方法を間違えていて、お電話で工事設計書の書き方の概略を教えていただきました。既設の工事設計書と送信機の取説を正確に転記しました。「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLiteによる入力方法について」は、下記の個所の参考になりました。
・電波形式だけをモードごと記入。
・平衡変調、低電力変調などはその他を選択して右に記入。
・送信管、電力、電圧は送信機・リニアの順でそれぞれ記入。

申請を送信した後、指定事項が、増設届でもらった免許の一つ前の内容のままになっていて、いったん取り下げて申請しなおすというミスもありました。

終わってみれば、電子申請と紙申請は様式が違うだけで内容は同じでした。久々の変更申請で、書き方がわかっていなかったのでした。ずいぶんと総通さんのお手間をかけさせてしまいました。

この後に他の系統の変更届を同じ手順でだしました。その後はスムーズに「審査終了」が表示されるようになりました。

2022年11月30日までは新スプリアス規格に対応していない送信機もそのまま使って、そののち撤去しようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Canon MG3530 の修理

家人宣う。

・紙が入らない。
・手で押し込むと紙が中でぐちゃぐちゃになって詰まる。
・新しいの買って!

mg3530 給紙できない で検索。

キヤノン:Q&A検索|【インクジェット複合機】用紙がうまく送られない/「用紙なし」のエラーが発生する (PIXUS MG3530)
チェック1~6まではOK。
チェック7の給紙ローラーのクリーニングをしましたが症状は変わりません。

Mg3530__2しょうがないので分解して給紙ローラーを清掃しました。
分解方法は検索で見つけた手順でうまくいきました。給紙ローラがどこにあるかなかなか見つかりませんでしたがこんな奥まったところにありました。写真にはうまく写りません。懐中電灯で照らしながら、隙間から無水アルコールを含ませた綿棒を突っ込みごしごしこすり汚れをとります。うっすら灰色になるくらいで汚れや紙粉が取れた感じはせず諦め半分でしたが、再び給紙できるようになりました。

紙折れは、ヘッドの下のインクを吸取るスポンジが紙にひっかり気味だったので、綿棒でインクを吸い取り平らに押したらなくなりました。

よかった、よかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月1日の作業

草刈と伐採

CL15整備
コン柱上でバラン~エレメント~ヘアピンの接触箇所を掃除しましたが、相変わらず21
.4でSWR=1.0。
下ろして、給電部分解清掃、バラン分解清掃、バラン交換、いずれも変化なし。
ラジエータを3cm伸ばして21.0が1.5、21.45が1.3になったので、これで様子を見る事に
しました。
Xは21.4で0、21.0では20くらいなので、4cmにしておけばよかったかな。
エレメントの長さ調整用のねじが錆び付いていて、片方ねじ切れてしまったので、
タッピングビスで固定している箇所を伸ばしました。

エレベータの電源工事。

作業の合間の無線談義が楽しかったです。
ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月16,17日の作業

・草刈
・エレベータの上下であたるアンテナ撤去
 50 HB9CV、430スタック、1200スタック、1200ループ、2400ループ
・コン柱の、14 4el, 21 2el, 28 4el, 28 5el, WARC R-DP 撤去

温泉行って麦酒。

・エレベータへケーブルを取り付け
・KT20R の 14 4el をエレベータへ移動
・KT20R の 21 5el をコン柱へ移動

おうちに帰って麦酒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月3日の作業

おやまの KT20R にエレベータを取り付けました。

AM
・電動ウインチとプーリワイヤのとりつけ
・サイドマウントやGPの取り外し
・ケーブルの取り外し

PM
・エレベータレールの取り付け
ボルトは固いは、穴はなかなか合わないわ、途中でひっかかって動かなくなるは、でなかなか作業は進まず、おまけに最高気温28℃のカンカン照りでバテバテになりました。

さて、作業の2日後に半年ぶりの採血に行ったら、なんと CK が 2855 !
基準値は 60-250 で、前回は 252。
マラソンした後位の数値だそうです。
ちょっと頑張りすぎたようです。

常用しているスタチンの副作用の可能性もあるそうで、念のため服用を中止して様子を見るよう指示がありました。

その他は基準内で一安心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windows 10 バージョン1803

ネットの反応が鈍いとおもったら、これをダウンロード・インストールしていました。
時間がかかったのでTrue image でバックアップを取っておきました。我が家の3台が完了するまで3日がかりでした。
もっとこまめにちゃちゃっと済むほうが助かるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quad 君と RTTY skimmer server その3

QS1R の校正を CW でもう少し追い込んでみました。
周波数表示が2分される微妙な周波数で、

Qs1r_calibrationとなったので、これで良しとしました。
内臓の基準発振器なので、室温の変化でまたずれが出ることでしょう。
もう1台の QS1R も全く同じ校正値でドンピシャになりました。

で、XE RTTY でテストしてみました。

JA skimmer 15m 20m 40m 80m total
JF2IWL 11 459 325 36 831
JA4ZRK 1 30 579 27 637
7L4IOU 32 556 17 10 615
JH4UTP 1 240 277 29 547

前回と少し傾向が変わっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quad 君と RTTY skimmer server その2

ノイズ発生源のDCアダプタを新品に交換しましたが、やっぱり極性によってノイズが出てがっかり。でも前よりはマシになりました。

BARTG sprint でテストしてみました。

skimmer 15m 20m 40m 80m total
JF2IWL 17 1192 478 39 1726
7L4IOU 25 653 413 80 1171
JH4UTP 15 650 484 12 1161
JA4ZRK 2 79 732 24 837

Throttle が最大 30% 位まで絞られていた割には、他のJA skimmer と遜色ない感じです。
80m が少ないので調べたら JA の RTYY 周波数だけ spot していたたためでした。3575-3599 で差数と同じくらいの spot が上がっていました。
i7 870 に比べると他の skimmer よりもちょっと少ないですが、なんとか役には立ちそうです。年に2-3回しか使わないので quad 君に活躍してもらうことにしましょう。
ハイバンドは西向けのままでした。

弱い信号の spot 数を比較すると、

db 5 6 7 8 9 10 11
15m
 7L4IOU 1 3 2 2 2
 JA4ZRK 1 1
 JF2IWL 1 1
 JH4UTP 2 1
20m
 7L4IOU 3 16 33 51 52 57
 JA4ZRK 2 5 7 5 7
 JF2IWL 3 19 50 69 85 84
 JH4UTP 1 6 16 36 42 45 61
40m
 7L4IOU 3 13 16 49 51 46
 JA4ZRK 7 15 47 47 70
 JF2IWL 9 27 35 36 48
 JH4UTP 1 7 23 39 38 37
80m
 7L4IOU 2 4 2 1 4 3
 JA4ZRK 1
 JF2IWL 3 8 7 1 1
 JH4UTP 2 3

弱い局もちゃんとデコードしていてよかったです。

微妙に周波数がずれていたので、途中で 0.005Khz 修正しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧