6月8, 9日の作業

40m 3el を下から上から目視点検しましたが、異常は見つかりません。
給電部や Ra の接合部もしっかり止まってて、ゆすっても変化なし。
WPX CW を始める前に Ref が隣の 6m 8x8 と接触したのを思い出し、コン柱から手を伸ばして調べましたが接合部はしっかり止まっていてゆすっても変化なし。
バランから同軸を外すと外側に緑の錆が浮いてました。防水はちゃんとできていたように見えましたが、どこからか入るんだなぁ。ケーブルのコネクタの絶縁部もちょっと膨らんでいます。

バランのコネクタを無水アルコールできれいに清掃して 8D2V を交換したらなおりました。使っていない古いものでしたが、電力計では減衰はみえなかったので大丈夫と思ったものの、取り付けたあと無線機側のコネクタが超イモ半田であることを発見しました。
調べるとき何ヶ所か開いた他の中継個所も、粉を吹いているものがほとんどでした。ビニールテープのみで自己融着なし(おそらく仮巻きで防水し忘れ)でもきれいなものもありました。材質かな?

この日はここで時間切れ。余裕があったら APS もと思い持ってきた機材を車に積んだまま帰宅し、会合へ Go!
同軸を変えてだめなら、いったん地上におろして接合部をすべてレストアするつもりでしたが、そこまでに至らず助かりました。
梅雨前の薄曇り、風が少し強めで涼しく作業が楽でした。

 

翌日は町内行事と私事を済ませて出発。

昨日の 8D2V 給電点側を確かめずに防水したので再度開けてみると、こちらも手で抜けるほどの超イモ半田でした。両端とも新品に交換して、また防水。外皮にも水が入って酸化していましたが 1m くらい切ったらきれいでした。

160m IV はエレメントの導通確認、バランと同軸の交換までしましたが、悪いところが見つからないまま日没を迎えました。
不思議です。

天気は良かったですが気温は低めで、この日も作業が楽で助かりました。

| | Comments (0)

5月12日の作業

本棚と機材棚がおいてあるシャックの北東と南東の床が沈下し始めたので、
・本と機材を片付け、
・ジャッキで床を持ち上げ、
・コンクリートブロックを地面と床の間に入れ、
・床の上にコンパネを敷きました。

20m 6el Ra を 3cm 伸ばして、SWR<1.1, X<10

M/M 運用でばらした BPF を、切替器につなぎ戻し。

積み残しと忘れ物の回収。

ぐだぐだに疲れました。

| | Comments (0)

4月29日~5月6日の作業

ALL JA までにごちゃごちゃになった機材の整理

IC-7610 + N1MM+ の CW, RTTY の USB 制御と Spectrum Display の I/Q設定
昨夏からやりたかった I/Q 出力できるファームウェアへ更新。Spectrum Display は、このとおり設定し、マニュアルどおりの操作で動作しました。マニュアルをよく読んでいなかったので、動作していないと勘違いして大分回り道をしました。
RTTYのデコードを
・USB直結 -> MMTTTY,2tone
・ASUS Xonar Essence STX 経由 -> MMTTTY,2tone
・IC-7610本体のデコーダ
と比較しました。
どれもほぼ同じで、特に優れた組み合わせというのはありませんでした。
デコードできたりできなかったりはそれぞれに違いがあり、なるべく多くの方法でデコードすれば、有利な場面があるかもしれません。

i7 870 USB3.0RD-PCIe 増設
私用の PCs はどれも USB3.0 がないので PC屋を徘徊。3件目で現品限り1.0k発見。
無線専用の i7 860 の PCIe は ASUS に使っているので、普段使いの 870 で試してみました。ドライバのインストールの不要なファイルの削除でフリーズしましたが、再起動で動作しました。試しに USB2.0 で Spectrum Display の Static Sensitivity を上げるとファンの速度が目一杯に上がります。3.0 だと静かです。
イーサネットがつながらなくなったので、イーサネットカード 37NB-12270+213 を外しました。オンボードのイーサネットが復活し、マウスの動きも軽快になったような気もします。競合だったのかなぁ? 
ほんとは無線専用の 860 で USB3.0 を使いたいのですが、PCI 一箇所しか空きスロットがありません。PCI用は速度を出すにはテクが要るらしいし旧PCIの限度もあるので、値段と性能を天秤にかけると USB3.0 がオンボードの新しいPC買うほうがよさそうです。実戦で waterfallbandmap より Spectrum Display がよいとなったら考えるとしましょう。

4月末に到着したQSOの入力

QSL作成
初めてタブレットでQSLを描きました。買って2年余経過して、やっと目的達成です。昨年描いたラフもやっと日の目をみました。

2-3F のイーサネットを撤去し、WiFi 経由に変更

ここまでやって i7 860, 870 バックアップ
USB3.0 だと TrueImage も早くなった感じがします。 

BPF用の 5D2V x 2m たくさん製作

こんなことと家事でほぼ引きこもりでしたが、あっという間でした。

| | Comments (0)

4月21日の作業

C3s
150°ずらしてSWR実用域になりました。
共振点が下がっていた 40m 3el, 80m R-DP も元通りに戻りました。

40m IV 西
10㎝ 折り返し箇所を短くして SWR=1.0

40m IV 東
エレメントにあたる木を伐採して東西方向に貼りなおしました。

防草シート敷設
新しく同軸を引いた下にひいておきました。

これで外周りが完成。
最高気温 25℃。暑かったです。

シャック内
S/MからM/Mへレイアウト変更
防虫工作
など

EPL-321 修理
送信すると電圧が下がってトランシーバの電源が落ちはじめ、ついに常時10V位になってしまいました。
カバーを開けて電源を入れると、大きな電解コンデンサの足元で火花が飛びました。基盤と足がてんぷらになっています。不思議です。しっかり半田付けし、電圧調整をしてなおりました。

 

| | Comments (0)

4月13,14日の作業

SS-56DX x 2 移設
CL6DXZ x 2 の跡地に移設。これで 6m と 10m 2本とも単独マストになって、自由に2方向選択できるようになりました。6m 2本が東西一直線になっていたのも、南北 10m 位ずれましたが、使用感は変わらない感じです。
移設前は4mマストを継いで上に伸ばしていたので、ばらすのが面倒でした。現状はどのアンテナも簡単に下せるようになったので安心です。
移設先のロータを回そうとすると、なんとヒューズが飛びます。先ほどまで回っていたのにぃ~! プリセットで回してステップにひっかかったままそのままにしてしまい、モータを焼いてしまったようです。ロータを交換しました。アンテナを付ける前だったのでマストと腕木で 30kg 位で助かりました。

C3s 方向変更
下の 40m 3el と90° から 180° にしたら、20m は SWR が上がり、40m と 80m の共振点が下がってしまいました。15m と 10m は変化なしでした。 次回150°と135°でSWRが実用域になれば20mで使うとしましょう。NGなら15mだなぁ。

西向け 40m IV
九州狙いの 45-225° に張り替えました。
少し長めだったので調整していたら、給電点を吊っていた紐が切れてしまいました。昇って紐をつけなおしたら、給電点が片側断線しています。圧着端子を取りに降りて、再び上って修理。これで張っておしまいと思ったら、エレメントが絡み合って、再び昇ってほどいてやっと完成。計算では 10cm 短縮ですが、折り返し部分を切ったので半分くらいしか周波数が上がりません。雨が降り出したので、ここでおしまい。

コントローラ、アンテナのチェックと、S/M から M/M への配置換え。

JIDX CW, OK/OM, GC しようと機材一式もっていきましたが、へとへとになり、またもや 0 QSO でした。

| | Comments (0)

4月6,7日の作業

CL6DXZ x 2
エレメントが腕に近く影響が気になるので全体を50㎝ほどあげました。40㎏強あるので単管にかけたロープを引いてもびくともしません。ダブル滑車に変えようかとも思いましたが、単管を掴んで引き上げ、力で解決しました。
6m単管の下端にすっぽ抜け防止クランプをとりつけ、下側のアンテナをそこまで降ろしました。これでほぼ1波長のスタック幅になりました。方向によっては新芽が伸びたらアンテナにあたるかもしれない微妙な距離です。
使った同軸は20年前のものですが、実測損失値は約1.3dB です。10DFB x 60m の規格は 1.32dB。これが最初 2.2dB もあり、コネクタの半田不良を見つけることができました。コネクタを交換し、接触部分は無水アルコールで清掃しました。
ビーコンやノイズを 5el x 2 と聞き比べました。場所を変え同軸は2倍以上になりましたが、従前と変わらぬ使用感でした。心配していたビーム方向がほぼ一直線になる方角でも、影響は感じられませんでした。
コントローラのケーブルのコネクタ部分が切れたので作り直しました。

40m IV x 2
西(10mh@コン柱)と東(9mh@立ち木とパイプ)にあげました。
S、QSB ともほぼ同じです。東京・神奈川まではIV、関東北部・新潟から北は 3el が強いです。
真ん中の 3el が丁度打ち上げ角方向になるので心配していましたが、やはりエレメントが並行になるとSが落ちます。東は東、西は西がよさそうです。ということは西は九州狙いの 45-225° にしてみようかな。
こちらも20年前の同軸の外皮の切れた部分を切り取ってコネクタをつけ再利用しました。8D2V x 50m で約 0.9dB。規格は 0.85dB。

20m 6el
エレベータを降ろしたとき D1 がタワーにあたらず、A-610 と同じエレメント間隔になるようにブームを伸ばしました。重心がマストクランプより 300mm ほど前になるので、これが空中作業なら大変なところでした。エレベータのおかげです。
緩んでいたブーム継ぎ目のタッピングを 0.5mm 太いのに交換しました。
ブームステーも金属製に変えました。
あと100khz (3.5cm) 下げたかったのですが時間切れ。

EA RTTY, SP DX
にも出ようと機材をもっていっていましたが、へとへとになってどちらもパスしました。
出した電波は SWR 測定の時だけでした。

両日とも花粉が今シーズンのピークに匹敵する量でしたが、処方薬とマスク、メガネ、ヘルメット、屋内外の上着の着替えのおかげか、鼻水が少し出たくらいで乗り切れました。
Gs201952520200

| | Comments (0)

3月23日の作業

降ろしていた CL6DXZ x 2 を別のマストにあげました。

マストに単管 1m x 2 の腕を取り付け、この腕に 6m の単管を垂直に取り付けます。クリエイトのマストは単管と同じ直径なので、直交クランプが使えて助かりました。先代のときはこれを知らず、わざわざマストを単管に差し替えたのでした。 6m は規格表では 16㎏ ですがもっと重く感じます。ダブル滑車で引き上げて腕に取り付け。ここでコン柱を降りて休憩。自分で作った激辛高菜入りおにぎり3つでお昼ごはん。

CL6DXZ のエレメントクランプが緩かったのでブームがつぶれない程度に増し締めをしました。再びコン柱に上り、上下別々に引き上げます。こちらは 12㎏ ですがひょいひょい上がります。Uボルトはつけたままで、単管の上下に通します。この方式はマストの上下とも手が届くので作業が楽です。いったん降りて回してみます。近接のタワーや立ち木と距離に余裕がないので心配でしたが、無事回って一安心です。
ベアリング台とロータ台のボルトが手でまわるほど緩んでいるのを発見。作業中にずれたら危ないところでした。

これから同軸作業というところで、雨雲レーダが雨の接近を知らせます。スタックケーブルをTコネクタにつないで防水処理をしているうちにみぞれまじりの雨になりました。作業終了。

先代をあげたときはへとへとになって、つぎに降したら二度とスタックはやらないと心に決めていたのですが、性懲りもなくまた上げてしまいました。今回はそれほどでもありませんでした。とはいえ昨夜は10時間ちょい寝て、全身筋肉痛ですけど。スタチンを服用しているとなかなか治りません。筋肉痛になりそうなときは服用を控えるのを忘れていました。

Bingle の QC25 イアパッドが届いていたので交換しました。純正と遜色ない感じです。

| | Comments (0)

Waterfallbandmap とシステムロケール

システムロケールを英語(米国)に変えて使っていましたが、
日本語(日本)でも ”~UTF-8を使用” をチェックして再起動で動作しました。

設定→時刻と言語→言語→管理用の言語の設定→システムロケールの変更

Windows10 1803で追加されていたみたいです。

でも Access 2013 の日本語名フォームが開けなくなりました。

あちらを立てれば、こちらが立たず。

てことで、 i7 860 はあいかわらず waterfallbandmap 用設定専用のままです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2月2日の作業

1月31日夕は雪雲レーダが降雪になっていたので心配でした。日影はところどころ凍結していましたが、無事たどり着けました。

・ブームクランプをそろえてタッピングビス穴をあけ固定
・リニアローディング部を取り付け
・給電部の銅線巻き付けを圧着端子に交換
・同軸の損失測定

ここで3mほど上げて測定。良好です。
おろすときマストクランプが緩くて斜めになり、D1を豪快に曲げてしまいました。
手で元に戻りましたが、ショートバーがルーズになってしまいました。ラジペンで形を整えましたがどうしてもカチッとなりません。そのうち接触不良になりそうです。
角座かアルミのアングルでがっちり挟み込めばよさそうですが、ショートバーは50本もあるので気が遠くなりそうです。

コン柱に引き上げ、これまで CL10DX につなげていたコネクタの中継コネクタを外したら、なんとMPの芯線が半田付けされていません。いったん降ろして半田付け。
ALL JA はこのところ 10m のかぶりが激しかったのですが、もしかしてこれが原因かも?
結果は2か月後。

周波数特性がすばらしいです。
構造が複雑なのでうまく動作するか不安でしたが、ほっとしました。再現性もすばらしいです。
国内向けに低くあげているので飛びは期待できませんけど、他のアンテナとの比較するのが楽しみです。

Img_0877

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1月26日の作業

KT34XA 組み立ての続き。
・エレメントクランプの組み方が間違っていたので直して
・給電部を組み
・ブームに並べました
最後は雪がアルミパイプに凍り付く-2℃での作業でした。

雲の切れ間に下山しようと様子を見ているうちに、今まで黒かった道にあっという間に1㎝ほど積もり、あわてて脱出しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧