QSL入力

JARTS で無限空振 CQ を出しながら、9月頭に到着したQSLを入力しました。
枚数を減らすために XPO, AI, 全市全郡が終わって、当面国内コンテスト参戦予定のないこの時期にしてみました。

149 QSL / 555QSO = 27%

一番早かったのは3月の ALL JA4 でした。5か月くらいかかっているようです。
さらに枚数を減らすために、10月末分を入力して返信を印刷することにしました。

11/4 到着分を入力しました。

311QSL / 1057QSO = 29%

あれれ?
圧縮率が下がっています。
今回も半分くらい ALL JA4 でしたが、その多くとその後はお会いしてませんでした。意外です。どうも参加者層が違うようです。

となると、XPO, AI, 全市全郡分が到着してから一緒に印刷すると圧縮率が上がるような気もします。これだと来年の3~5月頃の返信になるでしょうか。
いっそ、転送遅れが解消するまで発送を控えれば、遅れの解消に貢献して、発行枚数も削減できてよさそうです。
でも、これだとQSLを送ってくださった方が受け取るまでに1年半以上かかってしまいます。

迷ったまま、印刷は保留してバックアップをとって作業を終了しました。

QSO中に交換を約束した方には返信時に一緒にお送りしていますが、今回はありませんでした。
年数回はあった SASE も最近はほとんどありません。
一方で、最近メールで送ってくださるDXが少しずつ増えてきました。ログの機能を使っているみたいです。

| | Comments (0)

JARL 会費を支払いました

e-mail で案内が届きました。

JARL主催コンテストとQSL転送にこの1年間もお世話になりましたが、昨年からは心境が少し変ってきました。

JARL主催コンテストへの情熱が薄れたのか、スコアが発表されれば賞状はなくてもよいと思い始めています。

QSL転送枚数も大分減ってきたので、郵便交換だけにすると年会費より安い 114枚/年以下に減らせるかもしれません。

JARLの財政はその昔よりはずいぶんよくなりましたが、社員総会のやり取りからは組織の健全さに疑問を感じざるを得ません。

とはいえ、BURO経由で素敵な紙QSLを受け取る魅力は、まだ捨てがたいので、いつもどおりの1年払いにしました。コンビニ決済で支払い、週が明けてマイページの会費期限が更新されていることを確かめて一安心。

来年また継続するかどうか検討するとしましょう。

| | Comments (0)

QSL返信

65QSL/199QSO

True Image でHDDを複製して完了。

2020 ARRL 10m が一番新しいQSOでした。
6か月位かかっています

2008年も5~6か月かかっていましたが、2009年には3~4ヶ月くらいに解消していました。
さらに遡ると2003年にも「遅延が解消した」という記述がありました。
今回も何らかの困難に直面しているのだろうと思います。
私は、届いたQSLの鑑賞を楽しみにしていますが、コンテストではQSLは不要とも考えているので求める方にだけに発行しています。
急ぐ理由はありません。気長に回復をお祈りしております。

JARL総会の議案書をみると、2021年度のQSL転送費は8.0円/枚(≒74.8M円/9.4M枚)でした。
私がこの1年間にBUROに送ったQSLは953枚だったので、これだけで年会費7,200円をちょこっと上回っています(それがケシカランと思った方はこちらをドウゾ)。
2か月毎の返信で平均2.7QSO/QSLでしたから、1~2回/年返信に減らしてさらに発行枚数を減らすのもよいかもしれません。QSLが届くのは2年後になりますが、JCC-310101なんて、どのバンド・モードでも雑魚なので困る方は少ないでしょうから。

| | Comments (0)

これまでも、これからも、参加しない

と思う KANHAM コンテストが終わりました。
同じ考えの方は、今も昔もいらっしゃるようですね。

先に開催されていた競技と重複する日程を11年も続ける KANHAM コンテスト。高潔な規約が空虚です。
CQ誌 2020年7月号 p223 のインタビューを読み、日程変更を余儀なくされた ALL JA1 主催者が気の毒でいたたまれない気持ちでした。

JARL中国地方本部のJA4コンテスト日程変更が 、いかに誠実な対応であったかを改めて感じました。

| | Comments (0)

QSL返信

107QSL/418QSO

ディスクイメージをバックアップして作業完了。

| | Comments (0)

QSL返信

77QSL/226QSO

ディスクイメージを複製して完了。

給紙が時々不調だった MP490 は、先日やっとインクを使いきりました。これでお役御免でしょう。
MG3550 は最初軽く紙に指を添えてやって5-20枚くらいで始めると、あとは快調でした。黒インクがまだ残っているので、これがなくなるまでもうしばらく我慢するとしましょう。

| | Comments (0)

発信内容は責任持てるものかどうか、今一度自分の行動を振り返って下さい。

(ソーシャルメディアで)一度公開された情報は真偽に関わらずコピーが繰り返されて拡散し、取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。

学校休業中の留意事項の一文です。

ソーシャルメディアの無責任な発信の数々が、不特定多数の目に触れていることに心が痛みます。

リテラシーの巧拙がソーシャルメディアでは恐ろしいほど明白です。
他人を貶め、自らも貶める、無責任な発信を意に介さない方々も明白です。

なぜ事実を確かめず発信するのでしょうか。
なぜ調べればわかる事を歪めて問うのでしょうか。
なぜ当事者と対峙せず衆目の中で発信するのでしょうか。

憶測や疑念、批判、伝聞をみるたびに暗澹たる気持ちになります。
アマチュア無線家同志であれば日常の社会生活より一対一で有意義な知見を得る機会に恵まれていると思うのですが、その意思がないことも残念に思います。

自身の web での発信に留意しなければと改めて思いました。

| | Comments (0)

Remote Skimmer

競技によってできることが違います。うっかり違反しないための忘備禄。

- CQ WW  : OK
VIII. 2. QSO finding assistance: The use of any technology or other source that provides call sign or multiplier identification of a signal to the operator. This includes, but is not limited to, use of a CW decoder, DX cluster, DX spotting Web sites (e.g., DX Summit), local or remote call sign and frequency decoding technology (e.g., CW Skimmer or Reverse Beacon Network), or operating arrangements involving other individuals.

- ARRL : 条件付OK
HCAT.2.1 Use of spotting assistance is permitted. Exception: spotting information obtained from any source outside the station circle via a closed or dedicated communication link may not be used.

-JARL : OK(?)
6.(7) コールサインもしくはマルチプライヤーを受信信号の周波数情報と共にオペレーターに知らせるあらゆる技術、たとえばWebクラスター、CWスキマ-、リバースビーコンネットワークの使用を認める。
(2016年一般に公開されているもののみOKという、個人あてのJARL回答あり。)

おうち skimmer は誰でも telnet 接続できるのですが、ホスト名は安全のため公開していません。
ARRL と JARL は抵触する可能性がありそうです。RBN 経由にしておきましょう。

(おまけ1)
お山で運用するときは同じコールでRBNに流していましたが、self spot まがいと誤解されることを懸念してやめていました。
全世界のみなさんが永年やっていることなので、的外れな対応でした。

(おまけ2)
ARRL は spot 生成の制限がありません(self spot は不可)
Generating spotting information for use by other stations is not considered to be spotting assistance.
non-assisted でも RBN 流しっぱなしでよいのですね。
呼んできた局を次々と spot する局がいますが、これも OK なのですね。未交信を呼びに行ったらQSO済みの局がCQを出しているので、以前からこれいいのかと気になっていました。実質は自局のCQ周波数を spot しているのですけどね。

| | Comments (0)

Multi Operator

競技によってできることが違います。うっかり違反しないための忘備禄。

- CQ WW DXAny number of operators is allowed.

- CQ WPX : More than one person can contribute to the final score during the official contest period.

- ARRL :More than one person performs all transmitting, receiving, and logging functions as well as equipment and antenna adjustments.

- JARL :
4.(注3) シングルオペは、コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行うものとし、それ以外はマルチオペとする。
6.(4) シングルオペの同一または異なるバンドにおける2波以上の電波の同時発射を禁止する。

JARL 主催にひとりで参加していて2バンド同時に送信すると 6.(4)違反です。うっかりのときもあれば、意図的なこともあります(1人で2波以上の運用は結構面白いのです)。そのことを明記してマルチオペ部門に書類を提出しています。4.(注3) の解釈によっては抵触するかなとも思いますが、一人でやっていることを意見に明記して受理されているので問題はないようです。
シングルオペは「コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行う」かつ「いかなる場合も電波の発射は1波のみとする。」なら明確なのですけどね。

この1波の規定一つとっても ARRL は厳格です。
HCAT.2.2. Only one transmitted signal is permitted at any time, not including transmissions on a spotting net or network.

Single TX は、マルチを取るときだけ2波目の同時発射可が多いのですが、不可の競技もあります。
2波以上同時発射できる部門の設定がない競技もあります。

理解不足やうっかりオペミスによる規約違反で、書類を提出できる部門がなくなることもあります。
また、規約は毎回工夫が凝らされ変化しています。
泣く泣く check log にせざるを得なかったり、審査で Check log に変更されたりという残念な結果にならないように、よくよく規約を確かめなければと改めて思います。

| | Comments (0)

QSL返信

141 QSL / 418 QSO

Access のデータ作成に 1.5h。FT8/4 が Excel の手細工なので少し手間がかかります。N1MM+ の notes をインポートするマクロはまた今度。
入力と印刷に 2h。
ディスクイメージを複製して完了。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧