最新のQSLは10ヵ月前

1/4 到着。
今回も2㎝強くらいの枚数。
直近は 2022 WPX RTTY が3枚でした。

遅配の回復を期待して2022年9月頭の到着分から返信を差し控えていますが、遅くなるばかりです。
ただ今の未発行は
764QSL/2678QSO=29%

| | Comments (0)

コンテスト期間中およびコンテスト終了後に自局の運用情報をアマチュア無線以外の手段(電話、電子メール等)を使って他者に伝える行為を禁止する

JARL コンテスト規約改悪が発表されました。
これがコンテスト委員会で作成され、63回理事会賛成9名、反対6名 で承認とは⁉

何かの間違いかと思いましたが、どうやらそうではないようです。正義が数で敗れました。
ARRL の現実志向と対照的でもあります。
繰り返されるトンチンカンな決定。原因はどこにあるのでしょう?

迷ってJARL会員を継続しましたが、判断を誤りました。後悔。

| | Comments (0)

ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線の活用等に係る制度改正案に対する意見募集

、始まりました。

特に、

3.(4) アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別の簡素合理化
初心者やライトユーザーにとって分かりやすいものとするため、いわゆるバンドプランの簡素合理化を行いま

を歓迎したいと思います。
外国との通信に限る注記の削除”の解消が嬉しいです。

バンドプランの簡素合理化を実現し、1.9MHz帯バンドプランのような不適切な JARL 独自ルールの追加を阻止するためには、予め JARL に働きかける必要があると考え、下記を要望するメールを送りました。

・意見募集の周波数区分に賛成し、
・概要に記載された趣旨に則った省令等案と同一の簡素な「JARL アマチュアバンドプラン」を作成

周波数を小分けにして使用区分を割り当てるバンドプランは、国内外ともに実態にそぐわなくなっています。
紳士的に譲り合う柔軟な周波数利用があたりまえとなる日を夢見ています。

(CQ ham radio 2022年12月号 p215 の JE1SPY 芦川さんのコラムを参考にしました。)

11/21追記 周波数委員会に伝える旨のお返事を受け取りました。

| | Comments (0)

QSLが届くまで9か月位かかっているようです

10月末にとどいたQSLをデータベースに入力しました。

718QSL/2509QSO=29%

今回は2㎝強くらいの枚数で、直近の日付は
・12月31日印刷と記載されたものが1枚
・RTTYRoundup が1枚
他の方も同じ状況のようです。
遅いながらも届いていますが、これから出して届くか不安です。

| | Comments (0)

JARL 会費を支払いました

会費が切れる2日前まで迷いましたが、1年継続しました。
大量のQSLに返信しないまま退会するのは、気がひけたからです。
紙 QSL を発行しなくてもスコアに影響がないことは経験的にわかっているので、何のために入会しているのか、自分でもわからなくなりつつあります。
コンビニ決済で支払い、マイページの会費期限をみたら1か月延長されていました。3年以上継続による会員期間会員期間優遇キャンペーンの対象だったようです。
来年また継続するかどうか検討するとしましょう。

| | Comments (0)

QSLが届くまで相変らず8か月位かかっているようです

アンテナファームの草刈りがおととい完了しました。約3h。いつになくグダグダに疲れました。
昨日は墓参り。なんとなく地道で寄り道しながら 200Km。
未だ続く筋肉痛と疲労感の中、8月末にとどいたQSLをデータベースに入力しました。

今回は3㎝くらいの枚数で、
・12月印刷と記載されたものが1枚
・ARRL 10m 1枚
・JARTS 1枚
その他は全市全郡まででした。

662QSL/2303QSO=29%
圧縮率が0.1%あがりました。わずか2枚減っただけですが。

遅配の回復を期待してビューローへの送付を差し控えて1年になります。未だ回復の気配はありません。
8月中旬に e-mail でJARL会費の振込案内が届きました。継続するかどうか、未だ迷っています

 

さて、QSL に印刷する FT8/4 のシグナルレポートを、その後自分勝手に試行錯誤しています。
RTTY Roundup などの RST を送る競技は、WSJT-X  が SNR から換算した RST を *.log と *.adi に記録しているので、RST を印刷しています。
その他のコンテストは *.log にも *.adi にも SNR や RST を残しません。しょうがないので他のモードと同じく一律 599 にしていました。
QSL が届き始めると、やっぱりほとんどが SNR でした。all.txt から SNR を拾えばよいのですが、方法がわからず一律 0dB に変えました。みなさんどうやっているのかな?
ごく少ないものの海外から届いた紙 QSL の RST 欄は空欄ばかりです。
DXCC などではシグナルレポートは交信を証明する要件ではありません。要件でないのであれば、書いても書かなくてもよいのだと、今更ながらに納得しました。
ということで、一律 599, 0dB と入れていたデータを空欄に戻しました。

一方、JARL のアワードは、シグナルレポートが交信を証明する要件として生き残っています。レポートが空欄の私の QSL は JARL のアワードには使えないわけです。これはもう諦めていただきましょう。
とはいえ「レポートちゃんと書け!」とご指導されるかも? と思うと少々気が重いです。DXCC と同様に要件から外れる日を期待しましょう。

ところで、交信を証明するために交換するコンテストナンバーにも、意味のない 59/599 が生き残っています。世界中で繰り返し議論されてきましたが、なかなかにしぶといです。

自分の信号が相手にどう届いているかは誰しも興味があるところで、シグナルリポートの交換は交信のお楽しみとしてよい文化です。これに交信を証明する役目も担わせる悪習?は、なかなか変わりそうにないです。

| | Comments (1)

QSLが届くまで相変らず8か月位かかっているようです

6月末にとどいたQSLは5㎝くらいの枚数でした。
2021全市全郡までが届き始めています。
その中の1枚には ”2021年10月27日 Buro へ発送" と記載されていました。

やっと、先ほどデータベースに入力しました。
596QSL/2069QSO=29% 
圧縮率は増減なく安定しています。

もしももしも、
QSL をお急ぎの方はこちらをご覧ください。
これまでのところ、ご連絡いただいた方はいらっしゃいませんが。

| | Comments (0)

17 March 2022 press release remains in effect for all CQ sponsored contests including WPX CW 2022

開催2日前の発表残念です。

| | Comments (0)

QSLが届くまで8か月位かかっているようです

5/2 に QSL と 全市全郡の賞状が届きました。
JARLから何か届くとやっぱりうれしいので、迷いつつもJARL会費を払い続けています

さて、届いた QSL は茶封筒で67枚。ここまで減ったのは久しぶりです。
WW DIGI 2枚が一番新しく、XPO 以降は0枚でした。QSOから8か月位かかっているようです。3月初めよりも更に1ヵ月遅くなりました。2021年8月末受取分から返信を控えて溜め込んでいますが、何のお役にも立てなかったようです。
圧縮率も
485QSL/1682QSO=29%
変わりありません。ここまで続けたので XPO, AI, ACAG が一通り届いてから返信しようと思います。少しでも枚数を減らすことができればよいのですが。秋に一年分位をまとめて返送することになりそうです。

受付枚数が増え始めた2021年から遅くなり続けているのに、QSL転送費は減少し続けています。感染防止のためなのでやむを得ない面もあるのでしょうが、予算措置が為されないのは不思議です。回復は望み薄なのかも。

もし転送が機能しなくなったら、会費を払う理由はなくなります。ちょっと残念ではありますが、そのときはしょうがないと諦め気分です。

もしも、もしも、
紙の QSL をお急ぎの方は @jarl.com へご住所をお知らせ下さい。郵送します。
eQSL.ccLoTW もやっています。

| | Comments (0)

2022 JARL選挙

の、投票用紙がととどきました。

JARL会員局名録に住所を載せていない私にはがきを送ってくる方は、流石に今回はどなたもいらっしゃいませんでした。

さて、私がJARL会費を払う今一番の目的は紙QSL転送なので、転送遅れの改善に志をお持ちの方に投票しようと思い、
選挙公報
JARL2022選挙立候補者まとめ - Google スプレッドシート
で探しましたが、なんと中国地区には一人もいらっしゃいませんでした。

2020年はQSOから4か月もかからず届いていたのですが、2021年から遅れはじめ、先月分は6~7か月位かかっているようです。9月の賞状が届いたというのに、QSLは一枚も届かずがっかりです。QSL転送の予算を増やすなどして、早く届くようにしてほしいのですが、候補者のみなさまは関心がないようです。

残念過ぎてめんどくさくなりかけましたが、権利を行使し義務を果たすべきと考えなおし、1998年以降のQSO数を参考に熟慮して投票しました。

 JH4OUH 35
 JH4MGU 29
 JN4THO 15
 JH4NHF 13
 JA4BQD 1
 JA4DLF 1
 JJ4QKY 0
 JA4DND 0
 JR4XEY 0
 JA4LKB 0

 JH4NMT 16
 JE4WWK 0

といってもコンテストしか出ていないのですけどね。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧