« QS1R を Windows10/11 へインストール | Main | このところ読んだ本と雑誌+ »

2024 ARRL International Digital Contest - Raw Scores

発表されました。

JH4UTP SO1R 24h
#1 JA
#3 ASIA
#16 World

2024idc
i7 2600 IC-7610, N1MM+, WSJT-X, VK172 + BktTimeSync, i-phone
無線機の操作がないのでこのような配置を試してみました。快適でした。

ARRL Systems Service Disruption 
直前まで contest portal は見えず、規約を見ることもできずハラハラしましたが、競技終了時は Log Submission と Logs Received にアクセスできるようになっていました。直前にログ提出関係だけ復旧させたようです。感謝! 
Raw Scores 発表時も IDC, VHF, IARU HF の規約とログ受付機能だけで過去の結果や他のコンテストは復旧しておらず、痛々しいです。

i7 2600
WSJT-X 2.7.0-rc4 の Deep でも CPU の使用率は多くて 8% 位でした。8つの論理プロセッサは多少差はありますが、まんべんなく負荷がかかっていました。
今回 i7 6700,7700,8700 (PassMark 8088-12858) を試したくて中古を物色したのですが、条件に合うご縁がないままいつもの i7 2600(PassMark 5348)で参戦しました。これで十分だったようです。

S&P
どうしても応答がない局が相当ありました。DTはずれていないので、信号が届いていないかQRMなのかな。
送信周波数をあちこち変えたりしましたが時間のロスが相当になるので、途中からCQ 出して応答がない時だけCQ周波数のまま呼ぶだけにしました。
N8HRZ は S&P だけで 1253QSO と!

QRG
3600kHz幅で十分な感じです。相当混雑していても上の方はガラガラです。応答も少なくなる感じです
160m 6m : 時々CQも出しましたが、お相手は見つかりませんでした。
80m : 送信できる3599-3600kHz周りを何回か聞きましたが、誰もいませんでした。

クラスタ
set dx filter call=JH4UTP or (freq>1835 and freq<1845) or (freq>3598 and freq<3601) or (freq>7079 and freq<7100) or (freq>14079 and freq<14100) or (freq>21079 and freq<21100) or (freq>28079 and freq<28100)
でしばらく見ていましたが、競技の助けにはなりませんでした。早々に接続をやめました。

FT4GL
FT8 の周波数が IDC と被っているので混乱を心配しましたが、運用はありませんでした。配慮してくれたのかな。感謝。

|

« QS1R を Windows10/11 へインストール | Main | このところ読んだ本と雑誌+ »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« QS1R を Windows10/11 へインストール | Main | このところ読んだ本と雑誌+ »