« このところ読んだ本と雑誌+ | Main | 2022 ARRL RTTY Roundup - Raw Scores »

i7 870 の起動が5分もかかるようになったので

ディスクイメージでリカバリしたら、20~40秒で起動するようになりました。
よかった、よかった。

ここに至るまでの試行錯誤...

対策はすでにやりつくした感じで、
スタートアップも
 Platium user session agent
 Trend Micro Client Session Agent Monitor
以外はすべてオフです。この2つはオフにしても起動時にオンに戻っていました。

空振りCQを出しながら、ウイルスバスターのコンピュータの保護設定をあれこれいじってみました。
・その他の設定→設定2
 ほぼ変化なし。
・コンピュータの起動時に不要なファイルをスキャン→チェックを外す
 ほぼ変化なし。その後、チェックを戻すと2分位に早くなりました。

サポートツールに何か良いメニューはないかと起動すると、
(E)詳細情報に 2.セーフモードで再起動 
があったのでおまじない的にやってみたら、70秒で起動するようになりました。
と思いきや翌日には、やっぱり5分以上かかります。

先月グラボの交換を何回かしているので、もういちどNDIVIA関係のアプリをすべてアンストールし、ドライバだけをクリーンインストールしてみました。
1分ちょいになりましたが、翌日にはやっぱり5分以上かかります。

短時間に再起動を繰り返すとだんだん起動時間が短くなりますが、翌日にはまた5分以上に戻っています。
これまでの対策は全て効果なしです。

復元ポイントを使って先祖返りさせようとしましたが、なんとシステムの復元が有効になっていませんでした。

いろいろ調べましたが、まだ試していないのは再インストールくらいです。

これは大変なので、毎日エアコンが効き始めるまえの寒い部屋で、起動するまでの5分を耐えていました。

あれこれ思案するうちに、True Image HD でバックアップしたディスクイメージでリカバリするともしかして、と閃きました。

念のため SSD を外して、元の C:ドライブだった HDD に繋いでリカバリのテストをしました。
HD のブータルメディアがエラーになり困りました。i7 860 だと動作します。わけがわかりません。True Image for Crucial  で試してみようとインストールしてバックアップしはじめたところで、やっと前回は2013のブータルメディアでリカバリしたことを思い出しました。2013でバックアップ完了。リカバリ後2分位で起動し無事成功。
SSD不調時に繋ぎ変えて使うために残しているHDDの更新もついでにできました。

SSD にリカバリすると、1回目は40秒、続けて再起動すると20秒で起動します。
ついでにSSD の場所をケースの底面から5.25インチドライベイに移動して、配線をやり直しました。
翌日試すとデバイスの異常で起動しません。電源を光学ディスク用からHDD用に差し替えたら、Windows修復の後起動しました。原因不明。接触不良でしょうか。
約40秒で起動するようになりました。

早くなったのでウイルスバスターのコンピュータの保護設定を戻して
・その他の設定→設定1
・コンピュータの起動時に不要なファイルをスキャン→チェックあり
約45秒くらいで起動。これで安心です。

なぜ起動時間が異常に長くなったのか気にはなりますが、2015年から使っている中古で発売は2009年なので、延命できて治し方もわかったから、まぁいいか。

|

« このところ読んだ本と雑誌+ | Main | 2022 ARRL RTTY Roundup - Raw Scores »

jh4utp maintenance」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« このところ読んだ本と雑誌+ | Main | 2022 ARRL RTTY Roundup - Raw Scores »