« January 2021 | Main | March 2021 »

QSL返信

77QSL/226QSO

ディスクイメージを複製して完了。

給紙が時々不調だった MP490 は、先日やっとインクを使いきりました。これでお役御免でしょう。
MG3550 は最初軽く紙に指を添えてやって5-20枚くらいで始めると、あとは快調でした。黒インクがまだ残っているので、これがなくなるまでもうしばらく我慢するとしましょう。

| | Comments (0)

2020 RDXC Trophy

が到着しました。
2019 はペナントでしたが、2020 は小さい楯になりました。とても気に入っています。
SRR さんに感謝です。

| | Comments (0)

2月23日の作業

シャックの床が傾いたり、棚の足が貫通していたり、弱って踏み抜きそうになっていたりで、危険な感じになってきたので修理をしました。
床下をジャッキアップして、コンクリートブロックと板で傾きを直し、床の上に板を敷いて補強しました。危険な箇所から実施して、あと3枚で完了予定です。
床上の機材を移動しないと板を敷くことはできませんから、かなりの重量を運びました。全身筋肉痛です。

| | Comments (0)

2021 CQ WPX RTTY Contest Raw Scores Before Checking

発表されました。

RTTY / JH4UTP / Single-Op High All Bands
#2 JA
#6 Asia
#61 World

'20 #1 Asia は強豪不在で幸運だったことがよくわかります, hi。

| | Comments (0)

2020 JARTS 結果

、発表されました。

 Single Operator High
CQ紙面では #4 JA でしたが Web では、
#3 JA
#5 Asia
#12 World

Off 13:59 途中で諦めてはイケマセン...

| | Comments (0)

2021 WPX RTTY & KCJ TOPBAND

、備忘録。

i7 860 (WPX) IC-7610 + COX BPF, FTDX5000 + Dunestar model 600, micro2R, Afedri, N1MM+, MMTTY, 2tone, GRITTY, USB device Router, Waterfallbandmap, WintelnetX, i-Phone
i7 2600 (KCJ) RTTY Skimmer Server,  CW Skimmer Server, QS1R, DX Atras
i7 870(おうち) RTTY Skimmer Server, QS1R

BANDMASTER V
CI-V を読み取れずあれこれして、電源を TX と同じにしたら動作しました。
そのあと SIXPAK に接続したらヒューズが飛びました。
おうちに帰って Connects to power source on "C" pin. の設定に変更して解決。ジャンパーピン EXT あり、+12 と GND はなし。
BANDDATA A,B,C,D 出力はすべて +3.3V で、バンドを変えても変化なし。

Waterfallbandmap
無線機の周波数を読まなくなりました。Broadcast Data のチェックが外れているのがわかったのは終了後でした 。

i7 860 から i7 2600 の wintelnetX へ接続できない
ファイアウォールなどいろいろ調べましたが原因不明。wintelnetx を i7 860 へ移しました。

COM
重複エラーがでたので、IC-7610 分を振り直しなおしました

この4件で競技前の睡眠時間を相当失いました。

IC-PW1
土曜 40m で送信中にビニールの焼けるにおいがしました。ATU を使わないとにおわないのでそのまま競技を続けていたら、日曜 40m と 80m の ATU の TUNE が取れなくなりました。
以前から時々調子が悪かったので、どうやらとどめを刺したようです。
日曜深夜寝て起きたら IC-7610 が受信不能になっていました。と同じなので IC-PW1 が原因なのかも。ACC 等の背面ケーブルにコアつけるのことをこのところは忘れていました。
この故障であまり高くなかった集中力をほとんど失いました。SO1R になって得点力も下がりました。あれよあれよという間に強豪さんに NR を抜かれました。Low Power にも呼び負け続ける 20m NA での挽回は望むべくもありませんでした。

VL1000
RTTY で空振り CQ を続けるとすると温度エラーが出るのですが、TUNER を使うとエラーが出にくいことを発見しました。反射電力は少ない方が良いわけですね。

2tone
4-USB audio codec を指定しても、表示が AUSU のままです。いろいろ調べているうちに、動作は正常に 4-USB audio codec が入力になってることがわかり一件落着。表示が間違っているってことでした。信用して前にも経験していましたが、忘れていました。
ASUS の方は MIC を指定するとエラーが消えなくなります。LINE IN を 選択すれば問題ありませんでした。
前にもあったようなきがするので、忘れていたようです。

KCJ TOPBAND
を運用するときだけ、SO2R の片側を i7 2600 に繋ぎ変え、RTTY Skimmer Server を CW Skimmer Server に変更して使いました。
張りなおした IV のテストもしっかりできました。国内はまんべんなく飛んで聞こえているようですが、0,2エリアより近くが弱いので、近距離用の ANT も欲しくなってきました。RBN で調べると、大票田1エリアでは上位陣並みの強さで一安心。
朝方 SDR 分岐ケーブルが接触不良になっていました。呼ばれてお返事できなかった方がいるかもしれません。ごめんなさい。

PB-3 TRIPLE STACK CONTROLLER
ロータリーSWより早く力も要らずサイズも小さくてよいです。
Mode の切替がマニュアル通りではない感じでした。

SIXPAK
最近の manual に armature keeper が接触不良の原因となることと書いてあったのですべて外しました。動作快調です。

 

| | Comments (0)

MicroVertの製作 4本目

接触不良だった3本目SWR=∞ になったので修理しました。

・給電点の半田が外れ、
・アルミ箔に巻き付けた給電点の鈴メッキ線は錆びだらけで、
・防水テープの中は濡れていて、
・白くボロボロになったアルミ箔の破片を掃除機で吸い込みながらの解体でした。

4本目は、
・厚手のアルミ箔で巻替え、
・給電点は同材質のアルミ線をしっかり巻付けて、
・アクリル系の気密防水テープ(オカモト㈱ AS-02)で巻き、
・コイルのタップを数スターン増やし、
・ラジアルの同軸の張り方をいろいろに変えて、
1.83MHz で SWR=1.8 位になりました。

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »