« RDXC-2020 Results | Main | 2020 IARU HF World Championship - Scores »

Multi Operator

競技によってできることが違います。うっかり違反しないための忘備禄。

- CQ WW DXAny number of operators is allowed.

- CQ WPX : More than one person can contribute to the final score during the official contest period.

- ARRL :More than one person performs all transmitting, receiving, and logging functions as well as equipment and antenna adjustments.

- JARL :
4.(注3) シングルオペは、コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行うものとし、それ以外はマルチオペとする。
6.(4) シングルオペの同一または異なるバンドにおける2波以上の電波の同時発射を禁止する。

JARL 主催にひとりで参加していて2バンド同時に送信すると 6.(4)違反です。うっかりのときもあれば、意図的なこともあります(1人で2波以上の運用は結構面白いのです)。そのことを明記してマルチオペ部門に書類を提出しています。4.(注3) の解釈によっては抵触するかなとも思いますが、一人でやっていることを意見に明記して受理されているので問題はないようです。
シングルオペは「コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行う」かつ「いかなる場合も電波の発射は1波のみとする。」なら明確なのですけどね。

この1波の規定一つとっても ARRL は厳格です。
HCAT.2.2. Only one transmitted signal is permitted at any time, not including transmissions on a spotting net or network.

Single TX は、マルチを取るときだけ2波目の同時発射可が多いのですが、不可の競技もあります。
2波以上同時発射できる部門の設定がない競技もあります。

理解不足やうっかりオペミスによる規約違反で、書類を提出できる部門がなくなることもあります。
また、規約は毎回工夫が凝らされ変化しています。
泣く泣く check log にせざるを得なかったり、審査で Check log に変更されたりという残念な結果にならないように、よくよく規約を確かめなければと改めて思います。

|

« RDXC-2020 Results | Main | 2020 IARU HF World Championship - Scores »

jh4utp Column」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« RDXC-2020 Results | Main | 2020 IARU HF World Championship - Scores »