« QSL返信 | Main | 2020 CQ WW WPX RTTY plaque »

2021 RTTY Roundup

、備忘録。

i7 870 電源投入不可
日曜夜に機器の電源をいれたままちょっと寝ようと部屋を出るとき、いつもの癖か無意識に UPS の SW を切ってしまいました。仮眠から起きたときすぐ使えるよう PC の電源を入れなおしました。無線に使っていた2台は無事起動しましたが、普段使いの i7 870 の電源がはいりません。何回押してもうんともすんとも反応がなく、しばし思案。AC を抜いてしばらく待ったら、無事起動しました。
よかった、よかった。

N1MM+ Category mode
RTTY で始めたら FT8/4 が0点です。DIGITAL にして全モードの得点計上されました。
終了後 Cabrillo を upload したら DIGITAL only になっています。危うく見逃すところでした。
SSB+CW+DIGITAL で Mixed Mode になったので、もう一度 upload。
今年は Category が大幅に増えているので要注意です。

Serial number
最初の FT QSO で WSJT-X が 068 を送り始めてびっくり。前のコンテストの cabrillo をクリアを忘れていました。送ってしまったものはしようがありません。クリアして次の局から1から始まる番号を送りました。
その後 RTTY に切り替えると送る番号が 069 になっています。とりあえず N1MM+ で最初の 068 を 001 に変えたたら送る番号が 002 になりました。少し QSO した後に 001 を 068 に戻すと、また 069 を送ろうとします。しょうがないので競技の最後に実際に送った 068 に戻しました。 
WSJT-X  と RTTY(N1MM+) はそれぞれ別の連番を送るのですが、どうしてこうなるのか不思議でした。

QRG
FT8 は WW DIGI や FT Roundup と周波数が違います。
FT4 は WW DIGI の周波数で始めましたが、しばらくして N1MM+ ML で質問があり WSJT-X のデフォルトだと回答がありました。
その後はだんだんと上記にみなさん集まってくる感じでした。

やりのこし
同一バンドの FT8, FT4, RTTY の3モードを同時に監視できないものかと思案しましたが、結局 1R でモードとバンドを切り替えながら運用しました。RTTY は Skimmer Server にお任せでしたが、各モードの行き来には、ソフトとハードの切り替えに加え、FT8/4 は空DFのワッチにも時間が必要なので、3モード同時に監視しワンタッチで送信したくなっています。SO2R なら 3+3R 同時に操作になりますが、文字通信ならなんとかなりそうな気がします。
RTTY が弱くなったら FT4 -> FT8 で弱い局を拾いました。相手もそれなりにいるので相当時間を FT8 に割きましたが、RTTY でもっと粘ったほうがよかったのかもしれません。

RBN

JA 10m 15m 20m 40m 80m total
total 1 24 1660 1920 188 3793
JA6GCE   3 282 559 53 897
JM1XCW     206 148 9 363
JA7IC     86 255   341
JM7OLW   15 210 77   302
JS1OYN     87 144 56 287
JA2FSM     147     147
7N2UQC   1 25 98 2 126
JR1NHD     107     107
JN1THL     81 25   106
JA1AYO   1 19 53 21 94
JA1SJV     32 53   85
JH4UTP     28 51 6 85

21ru_rbngif

|

« QSL返信 | Main | 2020 CQ WW WPX RTTY plaque »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« QSL返信 | Main | 2020 CQ WW WPX RTTY plaque »