« December 2020 | Main | February 2021 »

I7 2600 & 860 SSD 換装

、いうことでさらに2台ポチしました。

i7 2600
Acronis True Image for Crucial でクローンを作成しました。
約20s で起動するようになりました。
バックアップの作成も、システムイメージの作成 から True Image へ変更しました。

 i7 860
こちらは HD でクローンを作成できました。
約30sで起動するようになりました。

どちらもケースの底面に固定せずにそっと寝かせてあります。

競技中の再起動ロスタイムの短縮はありがたいです。
どちらも中古 PC なので HDD 寿命の心配もなくなりました。
毎回車でガチャガチャ運ぶダメージも多少の心配が減りました。

よかった、よかった。

| | Comments (0)

発信内容は責任持てるものかどうか、今一度自分の行動を振り返って下さい。

(ソーシャルメディアで)一度公開された情報は真偽に関わらずコピーが繰り返されて拡散し、取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。

学校休業中の留意事項の一文です。

ソーシャルメディアの無責任な発信の数々が、不特定多数の目に触れていることに心が痛みます。

リテラシーの巧拙がソーシャルメディアでは恐ろしいほど明白です。
他人を貶め、自らも貶める、無責任な発信を意に介さない方々も明白です。

なぜ事実を確かめず発信するのでしょうか。
なぜ調べればわかる事を歪めて問うのでしょうか。
なぜ当事者と対峙せず衆目の中で発信するのでしょうか。

憶測や疑念、批判、伝聞をみるたびに暗澹たる気持ちになります。
アマチュア無線家同志であれば日常の社会生活より一対一で有意義な知見を得る機会に恵まれていると思うのですが、その意思がないことも残念に思います。

自身の web での発信に留意しなければと改めて思いました。

| | Comments (0)

i7 870 の起動時間が長くなったので

HDD を SSD BX500 に換装しました。
windows10 の起動に2分、アプリケーションが使えるまで3分くらいかかっていましたが、40秒くらいで使えるようになりました。
アプリケーションの起動と動作も軽快です。CLIP STUDIO の大きなデータも、パッと表示されます。

設定や操作でなんとかならないかとあれこれ時間をかけて試してきましたが、とっとと SSD に変えておけばよかったです。
下記のいずれも効果はほとんど体感できませんでした。
・不要なサービスの無効化
・不要なプログラムのアンインストール
・高速スタートアップ機能
・不要なスタートアッププログラムの無効化
・起動時ロゴの非表示
・ディスククリーンアップ
・視覚効果を「パフォーマンス優先」に変更
・常駐ソフトの無効化
・不要なレジストリ設定の削除(CCleaner)
・グラフィックボードドライバの再インストール

複製は普段使っている True Image HD を使いました。
SATA で直接つないでクローンを作製しようとしましたが、途中でフリーズします。
HD は windows10 非対応でインストールもできないのですが、wondows7 から 10 へ変えた後もディスクイメージの保存はたまたま使えています。手順が悪いのかもしれませんが、正常動作しない機能があっても不思議はありません。スパッと諦め、いつものようにディスクイメージを別の HDD に複製して、ブータルメディアで復元しました。HD のブータルメディアは読めなかったので 2013 を使いましたが、正常に復元できました。
2時間位で完了。

BX500 を買うと Acronis True Image for Crucial も無料で使えます。
True Image が入っていない i7 2600 のバックアップに使おうとしたら、Crucial のメディアが接続されていないとエラー表示。
True Image を買おうかと迷っていましたが、SSD を買って無料で使う方が C/P よさそうです。
さらに、競技中に再起動が必要になる場面もままあるので、ロスタイム減にもなりそうです。

crucial storage executive もインストールしました。
オーバープロビジョニングの延命効果は魅力でしたが、「不明なエラー」で設定できませんでした。
Momentum Cache も魅力でしたが、バッテリーなしのリスクを負ってまで高速化する必要はなさそうです。
ということで、ドライブ詳細の表示しか使っていません。温度を時々見て放熱の要否を見るとしましょう。

ケースの中でぶらぶら宙に浮いているしている SSD を見ながら固定方法を思案。
ケースの底面に固定せずそっと寝かせておきました。
その次は起動しませんでした。 SATA ケーブルが抜けていました!

| | Comments (0)

2020 FT Roundup Results

発表されていました。

JH4UTP Single Op
#1 JA
#6 Asia
#153 World

よかった、よかった。

トップレベルが 24h で 1KQSO 前後しているのに驚いて、いまさらですが 3830 の Comments を読みました。参考になります。
みなさん SO2R で平均 45QSO/h くらいということは、2バンドでほぼ呼ばれ続けている状況ではないかと思われます。
主流は FT8 のようです。FT4 は相手は少ないし、dupe も多いようです。どうやら FT8 中心の運用が得策のようです。
#1 World は初 FT8-4 コンテストだそうです。わたしゃこれでもう4回目。

| | Comments (0)

Results of the 2020 CQ World Wide VHF Contest

発表されて久しいのですが web はなかなか更新されず賞状はお預けです。

JH4UTP 6m
#7 JA
#16 Asia
#165 World

3/13 賞状をダウンロードできました。

| | Comments (0)

2021 ARRL RTTY Roundup - Raw Scores

発表されました。

JH4UTP
Single Operator Unlimited, Mixed Mode, Low Power
#2 JA
#2 Asia
#6 World

NA主体はおうちで全力投球する価値がありそうです。

| | Comments (0)

2020 IARU HF World Championship - Scores

発表されました。

JH4UTP SOU-MIX-HP
#1 Asis
#26 World

よかった、よかった。

You had 32 calls in your log which were not found in the database of good
callsigns. 17 of them have been judged to be incorrect. These will be
removed from your score - along with an additional penalty of one QSO per
per busted callsign.

There were 4 exchange errors found. These QSOs will be removed from your
score with no penalties. 

| | Comments (0)

Remote Skimmer

競技によってできることが違います。うっかり違反しないための忘備禄。

- CQ WW  : OK
VIII. 2. QSO finding assistance: The use of any technology or other source that provides call sign or multiplier identification of a signal to the operator. This includes, but is not limited to, use of a CW decoder, DX cluster, DX spotting Web sites (e.g., DX Summit), local or remote call sign and frequency decoding technology (e.g., CW Skimmer or Reverse Beacon Network), or operating arrangements involving other individuals.

- ARRL : 条件付OK
HCAT.2.1 Use of spotting assistance is permitted. Exception: spotting information obtained from any source outside the station circle via a closed or dedicated communication link may not be used.

-JARL : OK(?)
6.(7) コールサインもしくはマルチプライヤーを受信信号の周波数情報と共にオペレーターに知らせるあらゆる技術、たとえばWebクラスター、CWスキマ-、リバースビーコンネットワークの使用を認める。
(2016年一般に公開されているもののみOKという、個人あてのJARL回答あり。)

おうち skimmer は誰でも telnet 接続できるのですが、ホスト名は安全のため公開していません。
ARRL と JARL は抵触する可能性がありそうです。RBN 経由にしておきましょう。

(おまけ1)
お山で運用するときは同じコールでRBNに流していましたが、self spot まがいと誤解されることを懸念してやめていました。
全世界のみなさんが永年やっていることなので、的外れな対応でした。

(おまけ2)
ARRL は spot 生成の制限がありません(self spot は不可)
Generating spotting information for use by other stations is not considered to be spotting assistance.
non-assisted でも RBN 流しっぱなしでよいのですね。
呼んできた局を次々と spot する局がいますが、これも OK なのですね。未交信を呼びに行ったらQSO済みの局がCQを出しているので、以前からこれいいのかと気になっていました。実質は自局のCQ周波数を spot しているのですけどね。

| | Comments (0)

Multi Operator

競技によってできることが違います。うっかり違反しないための忘備禄。

- CQ WW DXAny number of operators is allowed.

- CQ WPX : More than one person can contribute to the final score during the official contest period.

- ARRL :More than one person performs all transmitting, receiving, and logging functions as well as equipment and antenna adjustments.

- JARL :
4.(注3) シングルオペは、コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行うものとし、それ以外はマルチオペとする。
6.(4) シングルオペの同一または異なるバンドにおける2波以上の電波の同時発射を禁止する。

JARL 主催にひとりで参加していて2バンド同時に送信すると 6.(4)違反です。うっかりのときもあれば、意図的なこともあります(1人で2波以上の運用は結構面白いのです)。そのことを明記してマルチオペ部門に書類を提出しています。4.(注3) の解釈によっては抵触するかなとも思いますが、一人でやっていることを意見に明記して受理されているので問題はないようです。
シングルオペは「コンテスト中の運用に関わるすべてのことを一人で行う」かつ「いかなる場合も電波の発射は1波のみとする。」なら明確なのですけどね。

この1波の規定一つとっても ARRL は厳格です。
HCAT.2.2. Only one transmitted signal is permitted at any time, not including transmissions on a spotting net or network.

Single TX は、マルチを取るときだけ2波目の同時発射可が多いのですが、不可の競技もあります。
2波以上同時発射できる部門の設定がない競技もあります。

理解不足やうっかりオペミスによる規約違反で、書類を提出できる部門がなくなることもあります。
また、規約は毎回工夫が凝らされ変化しています。
泣く泣く check log にせざるを得なかったり、審査で Check log に変更されたりという残念な結果にならないように、よくよく規約を確かめなければと改めて思います。

| | Comments (0)

RDXC-2020 Results

発表されました。

SOAB-Mix Single operator
JA #1, World #49

Penalty の少ない順だと World 207/221、減点率の少ない順でも 166/221
JA の全部門通して減点率の少ない順で 65/106。まずは少ないほうの半分入りを目指したいものです。

| | Comments (0)

2020 CQ WW WPX RTTY plaque

、届きました。

CQ WW の楯をいただくのは、44年の無線暦ではじめてです。
さっそくドナーの KA4RRU に、楯と一緒に撮った写真を添えてお礼のメールを送りました。

| | Comments (0)

2021 RTTY Roundup

、備忘録。

i7 870 電源投入不可
日曜夜に機器の電源をいれたままちょっと寝ようと部屋を出るとき、いつもの癖か無意識に UPS の SW を切ってしまいました。仮眠から起きたときすぐ使えるよう PC の電源を入れなおしました。無線に使っていた2台は無事起動しましたが、普段使いの i7 870 の電源がはいりません。何回押してもうんともすんとも反応がなく、しばし思案。AC を抜いてしばらく待ったら、無事起動しました。
よかった、よかった。

N1MM+ Category mode
RTTY で始めたら FT8/4 が0点です。DIGITAL にして全モードの得点計上されました。
終了後 Cabrillo を upload したら DIGITAL only になっています。危うく見逃すところでした。
SSB+CW+DIGITAL で Mixed Mode になったので、もう一度 upload。
今年は Category が大幅に増えているので要注意です。

Serial number
最初の FT QSO で WSJT-X が 068 を送り始めてびっくり。前のコンテストの cabrillo をクリアを忘れていました。送ってしまったものはしようがありません。クリアして次の局から1から始まる番号を送りました。
その後 RTTY に切り替えると送る番号が 069 になっています。とりあえず N1MM+ で最初の 068 を 001 に変えたたら送る番号が 002 になりました。少し QSO した後に 001 を 068 に戻すと、また 069 を送ろうとします。しょうがないので競技の最後に実際に送った 068 に戻しました。 
WSJT-X  と RTTY(N1MM+) はそれぞれ別の連番を送るのですが、どうしてこうなるのか不思議でした。

QRG
FT8 は WW DIGI や FT Roundup と周波数が違います。
FT4 は WW DIGI の周波数で始めましたが、しばらくして N1MM+ ML で質問があり WSJT-X のデフォルトだと回答がありました。
その後はだんだんと上記にみなさん集まってくる感じでした。

やりのこし
同一バンドの FT8, FT4, RTTY の3モードを同時に監視できないものかと思案しましたが、結局 1R でモードとバンドを切り替えながら運用しました。RTTY は Skimmer Server にお任せでしたが、各モードの行き来には、ソフトとハードの切り替えに加え、FT8/4 は空DFのワッチにも時間が必要なので、3モード同時に監視しワンタッチで送信したくなっています。SO2R なら 3+3R 同時に操作になりますが、文字通信ならなんとかなりそうな気がします。
RTTY が弱くなったら FT4 -> FT8 で弱い局を拾いました。相手もそれなりにいるので相当時間を FT8 に割きましたが、RTTY でもっと粘ったほうがよかったのかもしれません。

RBN

JA 10m 15m 20m 40m 80m total
total 1 24 1660 1920 188 3793
JA6GCE   3 282 559 53 897
JM1XCW     206 148 9 363
JA7IC     86 255   341
JM7OLW   15 210 77   302
JS1OYN     87 144 56 287
JA2FSM     147     147
7N2UQC   1 25 98 2 126
JR1NHD     107     107
JN1THL     81 25   106
JA1AYO   1 19 53 21 94
JA1SJV     32 53   85
JH4UTP     28 51 6 85

21ru_rbngif

| | Comments (0)

QSL返信

141 QSL / 418 QSO

Access のデータ作成に 1.5h。FT8/4 が Excel の手細工なので少し手間がかかります。N1MM+ の notes をインポートするマクロはまた今度。
入力と印刷に 2h。
ディスクイメージを複製して完了。

| | Comments (0)

« December 2020 | Main | February 2021 »