« 2019 ARRL 10m Results | Main | QSL返信 »

2020 ALL JA

、備忘録。(競技前から後まで気が向いたときに追加変更します)

CMAH -> *AH
いつものように集まることは早々に断念しました。
整備した結果を実戦で試験したいので、1人マルチオペをすることにしました。
ところが、そのマルチオペ部門もなくなってしまいました
家族やその他の方とも接触を断ち一人ぼっちのシングルオペ部門で試験しました。
一応CAHではじめましたが、03J頃までXAHの強豪が確認できなかったのでしめしめとSSBに出ましたが、その後5QSOできました。

6m BPF
160m ポジションが 6m で使えるか測定しました。
- SIXPAK 減衰87% SWR=1.2
- RF Inq. BPF 切替器 減衰 90% SWR=1.2
- 同軸BPF切替器 減衰87% SWR=1.0
シンワ 6m BPF 減衰 87% SWR=1.2
このくらいなら受信に支障はないでしょう。
ということで BANDMASTER の 160m と 6m にジャンパを張りました。
以前焼いた6mBPFの修理部品も持って行っていましたが、とてもそんな時間はありませんでした。
RX OUT-INの間にBPF入れる方がよい様な気もしてきました。

N1MM+
JH4WBY の 2015-2019 のログから Call history file を作りました。年度によってNRが異なる方々は、共通する部分(県番号か電力コード)だけを表示させるようにしました。
SCP file も作りました。Call と NR を表示させるようにしました。過去5年に受信した NR がすべてわかるという寸法です。エクセルで結構時間かけて作りました。

Skimmer
S&P の効率をよくするための設定。
おうち skimmer, local skimmer 共 
・JARL コンテスト周波数に変更
・CQ only
・validation = normal 
フィルタ設定 set dx filter (spotter=JH4UTP* and cty=JA) or call=JH4UTP

RBN(JARLコンテスト周波数のみ)

JA 6m 10m 15m 20m 40m 80m total
total 254 1469 4917 16300 72062 30063 1E+05
JA6GCE   29 70 829 1136 301 2365
JE1CKA         2095   2095
JE1LFX         2013   2013
JA5DVK         1545   1545
JF4ETK 2 49 111 375 630 365 1532
JA7MSQ       1519     1519
JA1BJI   16 78 203 693 405 1395
JH4UTP 14 10 75 176 608 494 1377
  :              
JH4UYB 6 13 42 73 90 95 319

徹底的に電話RUN・電信S&Pしなければならなかったのかぁ。
シングルオペの電信電話は1997年以来、マルチオペの電信電話も2000年 以来なので、わかってなかったなぁ。

skimmer 6m 10m 15m 20m 40m 80m total
Total 236 1465 4859 15912 71206 29986 1E+05
JH7CSU1   977 900 1395 7494 4725 15491
JH4UTP 209 99 267 434 7308 4844 13161
JA4ZRK 27 127 438 545 6620 4779 12536
JF2IWL1   4 6 264 5568 2381 8223
BG4GOV3   10 97 1136 4036 2232 7511
VK4CT   48 515 1546 1506 2442 6057
KU7T       727 2751 1256 4734
BH4BWX   2 5 351 2493 1229 4080
N7TR       200 2767 999 3966
BA7KW   123 655 1283 1428 290 3779
JA1LZR         3401   3401
JK4USW     107 331 2830   3268
JG1DLY         2889   2889
K2PO/7       361 1515 918 2794
BD7JNA   8 541 1234 488   2271
N6TV       32 1614 551 2197
N6WIN-7     8 64 1303 662 2037
VE7CC       73 1122 582 1777
N5RZ       80 1596 100 1776
ZL4YL     7 49 1367 110 1533
BH4RRG     8 179 915 401 1503
W7HR       2 1470   1472
VE6WZ       332 835 227 1394
N0OI       190 980 183 1353
JJ2VLY     165 1110     1275

まだ自前 skimmer が要るなぁ。

送信帯域
狭い設定にしました。
IC-7610 500-2500Hz
FTDX-5000 400-2600Hz

無線局等情報検索
再免許の日付が直前だったため、競技中は期限切れ表示のままで、思わず免許正本を確かめました。
ほぼリアルタイムと報道されていますが、更新されたのは一週間後でした。

40m 27mh 3el & 8mh IV
ほぼ60°方向の 3el でしたが、3エリアから西は IV が強く、頻繁に切り替えて運用しました。

加湿器修理
花粉症を和らげるために、お山でも加湿器を使っています。JIDX のあと水タンクの給水バルブのゴム弁を触ったら、ボロボロに崩れてしまいました。ホームセンターで使えそうなものが見つからなかったので、移動機材を縛るときに使っていた20㎜巾ゴムバンドを丸く切って真ん中に穴をあけて取り付けました。JARLさんが「適度な湿度のある室内で運用してください。」とわざわざご助言されているので、ALL JA でも活躍してもらいました。空気清浄機も一緒です。

おにぎり、枝豆、塩ゆで卵、塩けんぴ、カプメン、麦酒、酎ハイ
おうちにあったものをいろいろもっていきました。
ゆでたて卵に塩を振ってラップでつつんんでおいたら、味がしっかりしみんでおいしく、運用しながら素早く食べれてよかったです。
お酒は競技前と後だけでした。

|

« 2019 ARRL 10m Results | Main | QSL返信 »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

自分のRBNのコールサインを検索してたどり着きました。
この skimmer の集計はどういう意味なのでしょうか?
RBNからのRawデータをいじったものでしょうか?

RBNにデータは出していますが、もっぱら自分用にSDRでモニターしているついでみたいなものなので、RBNからのデータ活用はロクにしたことがありません。
ご教授いただけると幸いです。

Posted by: JH7CSU | September 07, 2020 22:03

raw data をピポットテーブルで集計して、競技で参照する skimmer を決めています。

Posted by: jh4utp | September 07, 2020 23:25

抽出条件は何でしょうか?
ALL JA Cantestに関連しているという抽出が難しいような気がしますが、期間内の JA のレポートということでしょうか?

Posted by: JH7CSU | September 08, 2020 01:29

競技時間内、競技周波数のJAのCWです。クエリやフィルタと並び替えを使っています。

Posted by: jh4utp | September 08, 2020 05:30

なるほど。ありがとうございました。

Posted by: JH7CSU | September 08, 2020 06:09

そうそう、JH7CSU1 で6mのレポートがありませんでしたが、確認したところ JARL制定のCWコンテスト周波数範囲はまったく受信範囲外でした。
日常的にその周波数帯を対象にするのは無駄ですので、JARLのコンテストのときだけでも対応することを検討してみます。

Posted by: JH7CSU | September 22, 2020 19:10

私は CQ only の node だけを参照しています。ALL spots だと呼びに行ってもその局はもういない、ってことになりますから。ご参考までに。

Posted by: jh4utp | September 22, 2020 20:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2019 ARRL 10m Results | Main | QSL返信 »