« April 2019 | Main | June 2019 »

2019 WPX CW

、備忘録。

土夜 40m3el の SWR が跳ね上がりました。IC-PW1 のチュナーは対応できません。VL1000 はチューナーで出力はでますが、他バンドへの被りが酷いです。アンテナを振ったら回復して日曜朝まで大丈夫だったのでなんとかなるかもと思いましたが、日曜夜に何回も再発。もううんざりって感じになり、月曜以降の体力も心配になってきて運用時間を残して寝てしまいました。

180m IV も土曜夜にSWR が跳ね上がりました。怪しい処を半田しなおしたりしましたが治りませんでした。原因不明です。

ALL JA までに整備していないところがつぎつぎ不調になっている感じです。
ALL JA の時でなくてよかった、ともいえますが。

てな感じで、早くも 4位以下ほぼ確定。
リタイアして調査したほうがよかったナ、とは後の祭り。

Spectrum Source に IC-7610 I/Q viaFTDI.dll を使うと、PC, IC-7610 共動作が遅くなり、エラーも頻発するので、早々に使用をやめました。

15m 0Z 頃 East coast LP の VOACAP のお告げが気になって CQ だしていたら OH に呼ばれました。

https://cqcontest.net/ は、今回もよい励みとなりました。

競技終了後エレベータが途中でおりなくなり焦りました。観察すると同軸が外れて引っ掛かっているようです。もう一度上げて同軸引っ張って無事おりました。同軸の取り回しを変えたときにほどいたビニテをそのまま再利用したのがますかったようです。幅広ビニテでしっかりとめておきました。張力がかなりかかったはずなので同軸大丈夫かなぁ。時間がなくて未調査。

| | Comments (2)

5月12日の作業

本棚と機材棚がおいてあるシャックの北東と南東の床が沈下し始めたので、
・本と機材を片付け、
・ジャッキで床を持ち上げ、
・コンクリートブロックを地面と床の間に入れ、
・床の上にコンパネを敷きました。

20m 6el Ra を 3cm 伸ばして、SWR<1.1, X<10

M/M 運用でばらした BPF を、切替器につなぎ戻し。

積み残しと忘れ物の回収。

ぐだぐだに疲れました。

| | Comments (0)

QSL返信印刷

5/6 10日納期で入稿、5/10 に到着。
graphic さん、いつもお世話になります。
さっそく返信を作成して島根に発送しました。
137QSL/362QSO

| | Comments (0)

2018 CQ World Wide DX CW results

発表されました。

SA HP ALL
JA #3
Asia #9
World #71

やはり raw score より一つ順位をおとしました。

LCR も届きました。
うむむぅ~、あいかわらずの減点王ぶりです。

2011       5 (2.8%) calls copied incorrectly
2012       37 (2.2%) calls copied incorrectly
2013       22 (1.7%) calls copied incorrectly
2014       31 (1.9%) calls copied incorrectly
2015       22 (1.5%) calls copied incorrectly
2017       19 (1.5%) calls copied incorrectly
2018       43(1.9%) calls copied incorrectly

Score reduction は
2011       13.4%
2012       15.3%
2013       8.0%
2014       8.9%
2015       7.0%
2017       15.3%
2018       11.2% Median score reduction for all logs: 8.9% 

    3.0% Error Rate based on claimed and final qso counts Median Error Rate for all logs: 2.75%

| | Comments (0)

4月29日~5月6日の作業

ALL JA までにごちゃごちゃになった機材の整理

IC-7610 + N1MM+ の CW, RTTY の USB 制御と Spectrum Display の I/Q設定
昨夏からやりたかった I/Q 出力できるファームウェアへ更新。Spectrum Display は、このとおり設定し、マニュアルどおりの操作で動作しました。マニュアルをよく読んでいなかったので、動作していないと勘違いして大分回り道をしました。
RTTYのデコードを
・USB直結 -> MMTTTY,2tone
・ASUS Xonar Essence STX 経由 -> MMTTTY,2tone
・IC-7610本体のデコーダ
と比較しました。
どれもほぼ同じで、特に優れた組み合わせというのはありませんでした。
デコードできたりできなかったりはそれぞれに違いがあり、なるべく多くの方法でデコードすれば、有利な場面があるかもしれません。

i7 870 USB3.0RD-PCIe 増設
私用の PCs はどれも USB3.0 がないので PC屋を徘徊。3件目で現品限り1.0k発見。
無線専用の i7 860 の PCIe は ASUS に使っているので、普段使いの 870 で試してみました。ドライバのインストールの不要なファイルの削除でフリーズしましたが、再起動で動作しました。試しに USB2.0 で Spectrum Display の Static Sensitivity を上げるとファンの速度が目一杯に上がります。3.0 だと静かです。
イーサネットがつながらなくなったので、イーサネットカード 37NB-12270+213 を外しました。オンボードのイーサネットが復活し、マウスの動きも軽快になったような気もします。競合だったのかなぁ? 
ほんとは無線専用の 860 で USB3.0 を使いたいのですが、PCI 一箇所しか空きスロットがありません。PCI用は速度を出すにはテクが要るらしいし旧PCIの限度もあるので、値段と性能を天秤にかけると USB3.0 がオンボードの新しいPC買うほうがよさそうです。実戦で waterfallbandmap より Spectrum Display がよいとなったら考えるとしましょう。

4月末に到着したQSOの入力

QSL作成
初めてタブレットでQSLを描きました。買って2年余経過して、やっと目的達成です。昨年描いたラフもやっと日の目をみました。

2-3F のイーサネットを撤去し、WiFi 経由に変更

ここまでやって i7 860, 870 バックアップ
USB3.0 だと TrueImage も早くなった感じがします。 

BPF用の 5D2V x 2m たくさん製作

こんなことと家事でほぼ引きこもりでしたが、あっという間でした。

| | Comments (0)

« April 2019 | Main | June 2019 »