« September 2018 | Main | November 2018 »

2018 WW SSB

、備忘録。

20m 6el の 5m 隣、5m下の CL6DXZ x 2を回すと S と SWR が変化します。
EU 方向は上に覆いかぶさって変化が大きいです。どうにも気になるので、思い切って日曜に降ろしました。
20m 6el の上の CL15 も RBN の分析では干渉はなさそうでしたが、試しにブームを90度回してエレメントを垂直にしてみました。
にもかかわらず、
朝皆さんのやっている北米はしばしば全く聞こえず、
カリブは呼べど叫べど届かず、
以前と変りありません。がっかりです。
北米方面の山は 50~60m 高く水平距離が 250m なので、仰角は 11~13度。
CGB に書いた記事間違っているなぁ)
欧州方面は少しマシで 0~20m 高く水平距離が 180m なので、仰角は 0~6度。
ここ数年は北米の伝播に恵まれていなかったので忘れていましたが、アンテナに手間をかけても山の壁は越えらそうにありません。
Yama_2

DVK にエコーがかかるようになりましたが設定がわからず再起動で直りました。

set dx fil not skimmer or call = jh4utp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018 JARTS

、備忘録。

i7 860 : Radio A & B, u2R, Affedri N1MM+, MMTTY, 2tone, GRITTY, USB device Router, Waterfallbandmap
i7 870 : i-Phone N1MM+, RTTY Skimmer Server, WintelnetX, DX Atras
2018jarts_left  2018jarts_right_2

N1MM+ の設定がなかなかきまらずてこずりました。

QSYすると反対側のDIのデコード内容がクリアされてしまいます。
QSY will clear Grab Window and Main RX window always のチェックを外して解決しました。的外れなことばかり試して、正解にたどり着くまでに相当な時間がかかりました。

ときどき数秒間キー入力をうけつけなくなります。
i7 860 の "Report Real-Time Score to Server" のチェックを外して解決。 on-line Contest Server をはじめて使ったのですが、インターネットは i-Phone をつないでいる master の i7 870 しかつながらないため、サーバを探している間入力を受け付けなくなっていました。
ところで on-line Contest Server は終了後の claimed score や 3830 よりもはるかに面白いです。JAの利用が増えるとよいなぁと思いました。
さて、キーボード自体も、電池が1Vしかなく交換、よじると治る不調も相変わらずで、これまた解決まで相当てこずりました。

EF180 の コイルを短絡するRLが接触不良でしたが、いつのまにかなおっていました。

ここまででほぼ1日がかり。なんとかおちついて運用できるようになりましたが、不調は続きます。

Waterfallbandmap の片側がうごかなくなりました。
SDR at IFのチェックを外して解決。前面に表示させるとき、あやまってクリックしたようなです。重ねて表示はよくないです。

DIのコールをクリックするとときどきエラーメッセージが表示されるようになりました。
とりあえず i7 760 を再起動して N1MM+ を起動したらフリーズしました。
電源長押しておまじないで何回か再起動した後は再発しませんでした。原因不明です。

set dx fil  (skimcq and spottercty = ja and mode=rtty) or call = jh4utp
を試すのを忘れていました。

Pa2wt_skimmer_20m

S50arx_skimmer_20m


Ve7cc_skimmer_20m

立ちはだかる山のせいか?
はたまだ下のCL-6DXZのブーム(9.3m)の影響か?

                                                                                                               
JA 10m 15m 20m 40m 80m total
total 56 1296 8527 8398 1043 19320
JA6GCE 4 184 1338 1619 90 3235
JH4UTP 10 149 786 931 81 1957
JS3CTQ 6 172 681 869 201 1929
JM1XCW 109 860 643 24 1636
JR4OZR 52 481 515 30 1078
JF1OPL 2 76 548 320 62 1008
                                                                                                                                                                       
skimmer 10m 15m 20m 40m 80m total
total 56 1296 8527 8398 1043 19320
VE7CC   102 630 674 146 1552
N6TV   119 584 620 98 1421
JH4UTP 23 123 510 415 265 1336
7L4IOU 11 28 407 590 228 1264
N7TR   103 525 548 5 1181
KO7SS   109 469 587 1 1166
WA7LNW   102 510 348 58 1018
VU3KAZ   81 355 467 3 906
9V1RM 2 44 451 367 26 890
JA4ZRK 17 37 84 684   822

4843 spots : RBN skimmer (Core2 quad Q8400, passmark 3235)
6436 spots : local skimmer (i7 870, passmark 5482)

古いロースペックPCで充分みたいです。もっと早く沢山という欲求はいまだありますが。

Img_0738_12


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月13,14日の作業

A-620 のコピーを作りました。CL20 2本の部品を流用したので、買い物は 40φ 1m x 2 とねじボルトだけで仕上げることができました。ブームの 46φ 1.6+2.1m 部分がふにゃふにゃなので、ころがっていた 35φ を中に入れてみました。ブームステーとってもまだふにゃふにゃですが 30Kgちょいの軽さです。

組み立てる前に寸法再確認。

おろしたエレベータのマストにとりつけた足場の上をブームを滑らせながらエレメントを載せていって完成。

回すとプーリに当たるので、15, 20m のマスト取付位置を 30cm ほど上げました。

ラジエータはオリジナルより 6cm 伸ばしてバンド内に収まりました。クリエートの給電箇所はナガラより外側になっているためのようです。

ディレクタに当たる木2本と倒木を伐採しました。
先日チェンソーの刃の向きが逆であることが判明しまして、正しい方向にしたらよく切れるようになりました。オハズカシイ。次は目立てをしてみようと思います。ご教示ありがとうございました。

これで杉の木と CL6DXZ x 2 の間をすりぬけて上下できるようになりました。20mと6mが EU方向にぴたっと揃っていないと当たります。要注意です。

地面の未使用のエレメントの干渉が気になるので、10-20mのアンテナの下から、30mほど東に移動しました。

17日頃まで筋肉痛に苦しめられました。

2tone が音声を認識しません。Setup を開いて保存でなおりました。

Img_0730

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月6, 7日の作業

台風被害は、シャック裏の木が一本折れていただけでした。
ぎりぎりシャックには当たらず被害なしです。

CL15 をコン柱から KT‐20R へ移設。
7月にラジエータだけ 3cm 伸ばしたので、他のエレメントも 3cm ずつ伸ばしてバンド内 SWR < 1.3。
錆びついたエレメントファスナーのねじはロッキングプライヤでなんとか回りましたが、2本ねじキレてしまいました。少し緩んで切れたほうはタッピングビスで固定。緩まずねじ切れた方は反対側を2倍伸ばして中心をずらしました。

CL15 の後に CL10 架空。
こちらは 28.0-28.6 で SWR <1.8 と高め。
まわりのアンテナをくるくる回すと CL6DXZ x 2 の方向で SWR が 1.3-1.8 位変化します。
隣の A-410 を回しても変化ないのがちょっと不思議。

KT-20R の CL20 を降ろして改造。 
仮組して重心に印をつけたところで時間切れとなりました。
先日の CL20 は錆びたエレメントファスナーのねじが何本もねじ切れて往生しましたが、この CL20 はステンレスで電食もなく簡単に調整できました。

てことで、全市全郡は 0 QSO でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018 KCJ Results

発表されました。
C7#4

IM = 0 は上位13位中私だけで、精度があがったと喜んだのですが...
MR = 2 は上位8局中最多でした。
しかも2局とも
(正)HG (誤)SG
と、聴き間違えてそのまま入力するなんてどうかしています。
相変わらずの減点王ぶりでした。
とほほ。

KCJのみなさま、審査と結果のご連絡ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018 WW RTTY 不参加

2010年から毎年参加してきましたが、土曜は仕事、日曜は台風24号でお山行きは諦め、おうちで家事の合間にクラスタをワッチしただけでした。
最大瞬間風速 31.8m/s  は当地としては強い風でしたが、我家のアンテナ等は被害がなく一安心でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2018 | Main | November 2018 »