« July 2018 | Main | September 2018 »

Worked All Europe DX Contest (WAEDC) CW 2018 Claimed scores

発表されました。
JA#2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハムフェア2018

20年ちょっとぶりに行きました。

賞状を頂けるということで、日曜朝イチの飛行機で有明へ向かいました。手違いで記念写真を撮っただけになりましたが、いつもお相手いただくみなさまと初めてお会いできて楽しかったです。

きゅうあ~るえるのみなさんとも本当にひさしぶりでした。お土産CGBも購入。

そうこうしているうちにすることもなくなり、午後の飛行機で帰りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電子申請で変更届

の、備忘録。

再免許はこのところ電子申請でしたが、変更届は初めてでした。

1.増設届

新しい技術基準適合証明設備を増設する届です。
技術基準適合証明設備にチェックをいれて工事設計書に技適番号を入れれば、あとは必須項目だけ現在の免許内容と同じ内容を記入します。
これで新しい送信機に対応した電波形式の指定を受けた免許が届きました。

実は、現在の免許と同じ内容を記入しないといけないところを何箇所かまちがっていました。「何を変更したいのでしょうか?」とお電話をいただき、届けを取り下げて再度申請するというお恥ずかしい経緯をたどっています。

2.変更届

既設の送信機とリニアアンプに、増設した技術基準適合証明設備を接続する変更届です。
技術基準適合証明設備にチェックをいれず、工事設計書を編集して系統図を添付します。
これで新しい技術基準適合証明設備でもリニアアンプが使えるようになりました。

これまた記入方法を間違えていて、お電話で工事設計書の書き方の概略を教えていただきました。既設の工事設計書と送信機の取説を正確に転記しました。「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLiteによる入力方法について」は、下記の個所の参考になりました。
・電波形式だけをモードごと記入。
・平衡変調、低電力変調などはその他を選択して右に記入。
・送信管、電力、電圧は送信機・リニアの順でそれぞれ記入。

申請を送信した後、指定事項が、増設届でもらった免許の一つ前の内容のままになっていて、いったん取り下げて申請しなおすというミスもありました。

終わってみれば、電子申請と紙申請は様式が違うだけで内容は同じでした。久々の変更申請で、書き方がわかっていなかったのでした。ずいぶんと総通さんのお手間をかけさせてしまいました。

この後に他の系統の変更届を同じ手順でだしました。その後はスムーズに「審査終了」が表示されるようになりました。

2022年11月30日までは新スプリアス規格に対応していない送信機もそのまま使って、そののち撤去しようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018 SARTG RTTY & KCJ

、備忘録。

RTTYインターフェースケーブル
長さが短くて不便していたのと、AFの外皮が断線していたので、長めで作り直しました。一本目ができて2時間遅れで参戦。空振りCQを出しながら2本目もなおしておきました。
はんだごてがキーボードに落ちているのに気づかず、Enterキーを半分溶かしてしまいました。
工具箱の中にがらくたや枯草が増えていたので、整理と掃除もしました。

N1MM+ Spectrum Display
ICOM機の USB 接続を試してみました。マニュアルにしたがって設定を変えるだけで簡単にできました。SDR が要らないので、ちょい使いには便利そうです。
Find CQ Freq above/Bellow this Freq をKCJの40mで使ってみましたが、クリアな周波数は見つかったり見つからなかったりです。

KCJ
N1MM+がマルチを計数していないのに夜中に気づきました。kcj.sec を SupportFiles にコピーして Rescore Current Contest で解決しました。ということは N1MM+ でKCJに出るのは初めてだったのかもしれません。
空振りCQを出しながら、出し忘れになっていたFDのログ提出、QS0データのQSLデータベースへのインポートなどなど。

おうちから参戦すると、たまっていたやりたかったことがはかどります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Canon MG3530 の修理

家人宣う。

・紙が入らない。
・手で押し込むと紙が中でぐちゃぐちゃになって詰まる。
・新しいの買って!

mg3530 給紙できない で検索。

キヤノン:Q&A検索|【インクジェット複合機】用紙がうまく送られない/「用紙なし」のエラーが発生する (PIXUS MG3530)
チェック1~6まではOK。
チェック7の給紙ローラーのクリーニングをしましたが症状は変わりません。

Mg3530__2しょうがないので分解して給紙ローラーを清掃しました。
分解方法は検索で見つけた手順でうまくいきました。給紙ローラがどこにあるかなかなか見つかりませんでしたがこんな奥まったところにありました。写真にはうまく写りません。懐中電灯で照らしながら、隙間から無水アルコールを含ませた綿棒を突っ込みごしごしこすり汚れをとります。うっすら灰色になるくらいで汚れや紙粉が取れた感じはせず諦め半分でしたが、再び給紙できるようになりました。

紙折れは、ヘッドの下のインクを吸取るスポンジが紙にひっかり気味だったので、綿棒でインクを吸い取り平らに押したらなくなりました。

よかった、よかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018 WAE CW

、備忘録。

10mだけ回り込んで-・-・-・ の連続で符号になりません。
ベンチャーのプラグをu2Rから抜くと正常。バイブロに変えても正常です。
ベンチャーからu2rまでの導通は正常なのに、ケーブルをコアに巻いたり配置を変えてもNG。接触個所をアルコールで掃除してもNG。プラグの中のDASH-DOT-GNDが接触寸前だったので広げて治ったのも束の間、すぐに再現。不思議な現象です。
10mは0QSOで実害はありませんでしたが。

radio B
radio-CNF-BPF を radio-BPF-CMF に変えてたらかぶりがほぼなくなりました。
電源をRPS-1430 Mk-II に変えてTX専用にしました。
存在しかわからない信号も、APF を入れて RIT をくりくりしてコピーできた場面が相当数ありました。

logicoolのワイヤレスキーボードが突然入力できなくなりました。
電池電圧は正常で原因がわからず困りましたが、キーボード全体をよじったら治りました。その後も数回よじることになりました。

久々に Spectrtum Disply も併用しました。やっぱり Waterfallbandmap のほうがバンドの状況が分かりやすい感じです。

18waecw40
いつのも3elです。皆さんばらついていてcondxの上下が激しかったようです。ピークは他局と同じ位なので、それなりに飛んでいたと思いたいところです。

18waecw20
単独になった22mhの4elです。エレメントを1-2本増やしても追いつけそうにない差ですが、20m水平に離れたサブの4elと、2m上の15m5elがなくなって少し改善したように見えなくもありません。いずれにせよ20mの距離では影響があったようなので、サブANTはうんと離れたマストにしたほうがよさそうです。

18waecw15
単独の15mh 5elです。IARUより大幅によくなりました。10m離れたEU方向のCL6DXZx2が1mくらいまで接近した角度だったので、距離がなるべく離れるように方向を変えました。うんと離れたマストに上げなおしたほうがよさそうです。

でも、これを実現するレイアウトがなかなか難しいんだよぁ。

< RBN (EU skimmers only) >

JA 15m 20m 40m 80m total
total 255 13005 3148 6 16414
JE6RPM 70 2821 913 1 3805
JH4UTP 49 1616 772 1 2438
JA3YBK 22 1612 757 4 2395
JH1EAQ 21 1340 476 1837
JH1GEX 19 1124 1143
JA0CGJ 23 747 24 794
JL1QOC 11 442 65 518
JA7ZFN 34 466 500
JA2XYO 455 16 471
JR4GPA 370 370
JE4MHL 366 2 368
JA9CWJ 4 307 311
JA1BJI 264 23 287
JM1NKT 195 2 197
JH1RFM 180 14 194
JI3MJK 168 168
JA6WFM 1 121 16 138

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2018 | Main | September 2018 »