« QSL返信 | Main | 2017 CQWW WPX RTTY Results »

2017 6m and down

、備忘録。

設営は 2016 と同じです。6m だけなので 1h 位で完成しました。

これまでの 6D のログから Call Histry File を作ってみました。だいたい一致して安心感があります。ミスコピーが混じっているので、LCR の内容で修正すると完璧になりそうです。
Call Histry File から master file も作ってみたのですが、自分のミスコピーが含まれているので間抜けなことをしていました。過去には結果発表から master file を作ったこともありますが少々手間がかかります。と、ここまで考えて、これを使えば信頼できる  master file を作れることに気が付きました。結果が発表されると消えるみたいなので、これからは締め切り後に収集しておこうと思います。

Xonar Essence STX にしたら、DVK のハムやノイズがなくなりクリアな音になりました。

今回は run と S&P を頻繁に行き来することを心がけました。またビーム方向を頻繁に変えることも心がけました。8x8, 5x5 の入れ替えも頻繁にやりました。おかげでマルチの埋まりが早かったと思います。
8x8 のほうが2-3 強いですが、CQ 出すには 5x5 のビーム角のほうが使いやすかったです。低い 2el は1エリアEs用の固定ビームですが、8x8, 5x5 で北海道と九州を狙ってる時は、GW 用に回転させたい場面が何回かありました。

SO2R のコモンモード被り防止のためにラインフィルターを2台のTXに使っていたのですが、AA CW からPCも含めたすべての電源のテーブルタップの根元に入れています。いまのところこ回りこみが減った感じです。なお TX 2台は別系統にして、それぞれにラインフィルターを入れています。

|

« QSL返信 | Main | 2017 CQWW WPX RTTY Results »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

早い時間でのQSO、ありがとうございました
日曜午前のEsですが、当地(JCC#1910)で開けたのは05-06以北でした。地域差でしょうか
CallHistoryファイルですが、当方もWWやWPXのサイトから似たようなものを引っ張ってきて、Excelマクロで処理させたものをRTTYコンテストで使っています。考えることはみな一緒ですねhi

Posted by: きこり@JH最大の難所 | July 06, 2017 20:35

QSOありがとうございました。相当呼ばれていましたね。今回の Call Histry File は N1MM+ で作ったものです。Tools で Clear... し、過去の 6D の log を開いて Update ... を繰り返し、Export し、log を開く時 Associated files でこの 6D 専用ファイルを指定して終わりです。

Posted by: jh4utp | July 08, 2017 05:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2017 6m and down:

« QSL返信 | Main | 2017 CQWW WPX RTTY Results »