« 2016 JARTS | Main | QSL返信 »

2016 WW SSB

、備忘録。

One radio の Low Power なので、あっという間に設営完了したのですが、40m の SWR が異常です。
MAG340 のラジエータに C3s の同軸が接触して、外皮が溶けていました。自己融着テープを巻いて応急修理し、しっかり固定しました。C3s の同軸は酸化して真っ黒になっていましたが、SWR も良好で電波も飛んでいるので、同軸の交換はまた後日としました。

八重洲用の BANDMASTER が違うバンドを選択するので調べたら BAND DATA の断線でした。

そんなこんなで、シャック到着から競技開始まで3時間以上かかりました。
condx は劣悪だったので、影響は僅少だったでしょう。

PlanetarykindexAcemagswepam3day_wwssb

こういう condx だと 100w だと本当に飛びません。
10QSO以上 Run できたのはこの一回だけでした。

16wwssb_runs
CQ には応答がなく、ほぼすべて S&P なので、声を出すことがほとんどなく、とってもらくちんです、hi。

Packet spot timeout は60分に設定。自分でワッチしてバンドマップをつくるので、この位長ーくすると良いです。

20m は S9+ の局が応答してくれないことがしばしばでした。
13z に 3757 で W が6局続けて呼んでくれる、なんて嬉しいこともありました。

|

« 2016 JARTS | Main | QSL返信 »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73104/64435539

Listed below are links to weblogs that reference 2016 WW SSB:

« 2016 JARTS | Main | QSL返信 »