« September 2016 | Main | November 2016 »

2016 JARTS

、備忘録。

競技が始まって2.5hくらい経ったとき VL1000 が、

WARNING !
#1003 PROTECTION CIRCUIT DETECTS PA UNIT IMBALANCE

を表示してスルーになりました。
その後は10~20秒くらい断続的に送信していると再現します。
数十秒待つと回復。
300w位だと連続送信できます。
祈る気持ちで蓋を開けてみましたが、目視では故障箇所は発見できませんでした。
諦めて、PW1 で run しながら、ベアフットか数百wで S&P しました。
能率が悪く、だんだんめんどくさくなっていきました。
修理に出しましたが、中古で買って14年経ち、この1年半で3回目の修理なので、そろそろ寿命かも。

その夕方40mにQSYしたら、PW1 がカツカツいうだけで出力がでなくなりました。
'16 Roundup と同じ症状です。
すでにVLが昇天しているので、万事休すです。
切り分けていくと、40m で SAL-20 をつなぐと発生し、外すと正常でした。
改造して基板からとりだしたRX IN につなぐと発生し、リアパネルのRX ANT なら発生しないので、これで凌げました。

AFEDRI をつなぐと、2tone のサウンドカードが勝手に切り替わり、いちいち手動で戻さないといけません。面倒です。N1MM+Wondows7では経験がない現象です。

CI-V を OmniRig と N1MM+ に VSPE で分岐すると、時々 Bnadmaster がばたついて 他のバンドを選択します。いつもは sub なので我慢できていましたが、今回は Run してる最中にこれがおきるので AGN? を送ったり送られたりが頻繁になります。たまりかねてWaterfall はあきらめました。
同時にN1MM のレスポンスが早くなりました。

日曜になって BANDMASTER が再び激しくばたつくようになってきました。
電源 on/off したらバンド選択をしなくなり回復しませんでした。しょうがないのバンドチェンジの度に手で SIXPAK を切替ました。いつもは自動なので面倒なことこの上ありませんでした。

日曜夜は20mが静かになるまでやって帰ることにしました。
20mでrunしながら片づけをしているときQS1RのUSBを抜いたらN1MM+がフリーズ。
バンドはまだ賑やかでしたが、神のおぼしめしと観念し、そのままQRTしました。

set dx filter mode=rtty で始めましたが、見えない局ばかりになって能率が悪いので spottercty=ja も追加しました。
local RTTY skimmer server の broken が多いので、 ValidationLevel を 0=minimal から 1=normal に変更して快適になりました。

NOW .... 省略をして、 AAAAAA TU BBBBBB 599 NR でやってみました。皆さんちゃんと応答してくれました。

2015年10月15日に一過性全健忘で30分の記憶を失って丸一年たちました。
家人は齢を考えて遊びなさいとおっしゃりますが、私的にはそれからは余裕をもってコンテストを楽しんできました。
今のところ再発なしです。
よかったよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 6m and down X50 #10JA #1JA4

結果が発表されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 OC CW & ACAG

、備忘録。

久々におうちで夜に南にビームを向けたらものすごいノイズです。
夜遅くなって看板照明が消えたら静かになりました。

40m 日曜の午後から時々感度が落ちて、SWRが跳ね上がります。
送信すると回復していましたが、夕方に上がりっぱなしになりました。
CMF と TX をつなぐ同軸を変えたらなおりました。
しばらくするとまた再現。CMFを交換したらなおりました。
コネクタをアルコールで掃除しました。だいぶん黒くなっていました。その後は再現していません。
R48DXM の故障じゃなくてよかった。

OC CW で 180m ができるかもと思い、久々に MV をあげました。
コイルとエレメントの接続が断線を直し、接触不良気味だったアルミホイルと錫銅線との接点をホースクランプで締め上げました。ところが、SWRのヌルが 2.0Mhz あたりで 2.5 もあります。
コイルをケースをから出して調べましたが異常ありません。
となると竹光部分が怪しいです。保護テープがきれて、酸化したアルミホイルが見えているところがあります。そのまま片付けました。作り直しかなぁ。

S&P は 100% RBN でした。
set dx filter cont=oc or cty=ja
RBN は久々でしたが、broken や CQ 以外の spot が多く、local skimmer に切り替えたくなりましたが、最後までこれで我慢しました。skip した時の空周波数探しには RBN のほうが便利なのです。
Packet spot timeout は12-3分に設定。
Skimmer server は 10分毎に spot を繰り返すので、 実際にCQを出している局と遭遇する確率が上がります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windows 10 Version 1607

先日から i7 870 のブラウザが遅くなって気になっていたのですが、標記をダウンロード中でした。
このところは数日おきに短時間しか電源を入れていませんでした。朝から電源入れっぱなしにして更新完了まで2時間以上かかりました。
1607 への更新もして、スキャンして完了。
このアップデートは Anniversary Update とも呼ばれているようです。

i7 860 も同様に更新。
N1MM+ SO2V を SO1R に変更したらフリーズ。
電源長押しして再起動すると COM2,3 がビックリマークになっています。再起動してもなおりません。
シャットダウンして、ボードを抜いて起動してシャットダウンし、ボードを挿して起動したら治りました。
ACAG で使っていますが、いまのところ快調です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 CQ WW RTTY Raw Scores Before Checking

なんとビックリ!
Single-Op High All Bands #24World #2AS #1JA

24hでやめずに朝までやって #1AS 狙えばよかった、とは後の祭りでした。
classic でエントリーしてる方をチェックしたら、#7World。こちらも望外の結果でした。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »