« N1MM+ の設定 | Main | 2016 YO DX, SCC, KCJ »

2016 IOTA

i7 860 の Mixed mode の実戦テスト。
N1MM+, u2r, CW skimmer server + QS1R, HDSDR + AFEDRI, VSPE, Wintelnetx + TNC
概ね快調でした。

日曜の午後は豪雨になり、雷鳴と共にモニタと照明が消え、数秒後に復旧。ソフトは瞬断前のまま動いており、PCには影響がなかったようです。
とおもいきや、AFEDRI の 2ch 側の waterfall が真っ暗で何も受信していません。切り分けしても PC を再起動しても症状は変わりません。雷で SDR が壊れたと覚悟しましたが、自宅でテストしたら正常に動作していて一安心。原因不明です。

今回の環境だと Fldigi が音声を認識してくれませんでした。サウンドの設定でしょうが、面倒で調査もしませんでした。ということで CW Reader の実戦テストはまた次の機会です。

SAL-20 は、IARU と IOTA で使いましたが、あまり活躍の場はありませんでした。
IARU の 80m は、R-DP よりましな場面がたまにあった程度の様で、受信信号の弱さのほうが気になったようです。
IOTA では、40m は 3el より僅かにましという場面が何局かありました。
80 と 40m はサブ ANT が IV で耳が悪いので、 ビーム方向が瞬時に切り替えれるのは便利でした。
20 - 15m は送信ANTが良いです。10m はノイズしか聞いていません。
40 - 10m は送信 ANT よりかなり信号が弱いです。
ヌルの切れは、中波から 15m まで鋭いです。OTH、電気柵のクリックなどよく切れます。
近隣からと思われる S9 のノイズが、ビーム方向に関係なく S1-2 になりました。ループアンテナならではと感動しました。競技中にはこのノイズはなく幸いでした。

|

« N1MM+ の設定 | Main | 2016 YO DX, SCC, KCJ »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2016 IOTA:

« N1MM+ の設定 | Main | 2016 YO DX, SCC, KCJ »