« June 2016 | Main | August 2016 »

N1MM+ の設定

面倒で先延ばしになっていた i7 860 の N1MM+ 設定の続きをしました。

DVK
N1MM+ と Windows 7 は不安定で、
N1MM classic と Windows 10 は録音のたびにサウンドの設定を変えるのが面倒でしたが、N1MM+ と Windows10 ではどうかと試しました。
☑ Use Logger+ Audio して
Logger+ Audio Setup & Monitor でサウンドカードを指定して...
ノイズしか録音ができません。
サウンド設定をあちこち変えても変化なく、u2r のFW と USB device router を最新にしてもダメ。
結局 u2r の MIC 出力ジャックの接触不良でした。MIC 系統をすべて無水アルコールで掃除をしてマシになりました。
ところが、他のことをやっている間に再び録音がノイズだけに。CW まで送信できなくなりました。PC の再起動で復旧。わけがわりません。実戦投入に不安が残ります。

ついでに先日入手した
ModMic 4.0 Uni-directional  without Mute
のテスト。
ノイズ環境によいとの説明ですが、HC4 のほうがクリーンです。取り付け機構が秀逸なのに惜しいです。EC なので、設定変更してレベルも再調整しなければいけないのも面倒です。
昔ボツになった audio-technica AT810X を コンプレッサー経由で試してみたらなかなかよいです。実戦で試してみようかな。

CW Reader
N1MM+ に追加になっていて前から気になっていました。
Fldigi をインストール。周波数ドンピシャでないとでデコードしてくれません。耳で聴きとれるうちは無用の長物ですが、疲れると長いコールがとれなくなってくるので役立ちそうです。
Mixed mode のときは mic が2系統要るので、CW だけのときに実戦テストしましょう。

WintelnetX
N1MM+ はパケット機能がなくなったので、
TNC + local skimmer -> N1MM+
設定を作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

QSL返信

143QSL/408QSO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 DL-DX RTTY Multi Op #1/1 World

結果が発表されていました。早い!

この部門に参加したのは1局だけでした、hi。
低スコアで恥ずかしいですが、ここに載るのが楽しみです。16dlry

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Preliminary results CQ-M 2016 B3 SOAB MIXED #1JA #13World

発表されていました。

大分減点されています。
ここ何年か Final results は発表されていないので、これが実質最終結果となるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 ARRL DX CW 40m #2JA

結果が発表されていました。

# Call Score Class 160 QSO 160 Mult 80 QSO 80 Mult 40 QSO 40 Mult 20 QSO 20 Mult 15 QSO 15 Mult 10 QSO 10 Mult
1 JH4UYB 580,635 S 24 12 136 33 332 45 129 37 406 52 18 8
1 7M4CLF 58,926 S 0 0 0 0 431 46 0 0 0 0 0 0
2 JH4UTP 40,635 S 0 0 0 0 311 45 0 0 0 0 0 0

マルチは健闘していましたが、QSO は Low power 以下です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 ARRL Roudup #8 World

結果が発表されていました。
ARRL のTop 10 box 入りははじめてかもしれません。
JA では3番目のスコアです。
Claimed score から順位を落としています。

non W/VE# Call Score QSOs Mult Class Power Section Club 80 QSO 40 QSO 20 QSO 15 QSO 10 QSO
55 JM1XCW 51,168 545 96 U B JA   4 249 130 162  
80 JA1OVD 39,605 451 89 S B JA     185 95 171  
84 JH4UTP 38,285 416 95 M B JA   7 217 47 143 2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 DL-DX RTTY & 6m and down

2つのコンテストに同時に参加するために、無線機とPC2セットをスタンドアローンで使いました。

6m and down (duo) : N1MM, u2r, CW skimmer server + QS1R#1
6m ではイマイチな QS1R の感度と、分配損失を補うために、強化した1kwの直下プリを RX と QS1R の分配前に入れました。先日作ったハイブリッドは 6m の SWR が高いので BNC-T で2分岐です。HF を 同時運用するので QS1R 保護のためにBPF もいれました。BPF はプリの後に入れましたので、微弱な局の受信に貢献したと思いたいところです。HF の Kw にもよく耐えてくれました。ただし ANT の組み合わせによっては、激しく被ることもありました。

DL-DX RTTY (i7 860) : N1MM, COM port INF., RTTY skimmer server + QS1R#2
受信は TX ANT と SAL-20 を切り替えれるようにしました。
6m を 同時運用するので QS1R 保護のために LPF もいれました。
RTTY Skimmer Server は、時間帯によってはやっぱり Throttle 60-70% くらいです。このくらいの負荷だと RTTY のデコードが時々短時間止まることがありました。RTTY Skimmer Server と N1MM は別 PC のほうがよさそうです。
Gritty はごくたまに優位なことがありますが、あまり出番はなかったです。

20166d
SDRを壊さないように、たくさん要る変換コネクタの不足がないように、接続をあらかじめ検討しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AS-SAL-20DX

耳の悪い 80m (R-DP) 用の受信ANTを検討してきました。
SAL-20 ならときどきノイズに悩まされる 20m にも使えますし、SAL-30 への Upgrading Kit も用意されています。
SAL-30 については、2014 Tokyo Top Band Meeting の講演が参考になりました。
各受信アンテナの比較は CTU が興味深いです。

6/5
$ が安くなってきたのでポチ

6/21
FedEx 出発。部品の納入待ちで遅れたこと、送料訂正のお知らせ。web の表示よりずいぶん安くなりました。
この間、$ はさらに3円ほど安くなり、しめしめです。

6/24
FedEx 到着。
G 国 EU 離脱決定でさらに $ が3円ほど安くなっていて、ちょっと気分損した気分。
この日たまたま£を買う用事のあった家人はニコニコ顔でした。

6/25
工事。ポールは以前折った W-GR-1000 の折れた部分を縮めたままで使いました。調整し始めると張力がかなりあり、ビニールテープで巻いていただけの継ぎ目がじわじわ縮みます。幅広の防水テープを継ぎ目の上段にしっかり巻き、エレメントの最頂部も手持ちのクランプで固定して、しっかりしました。
英文マニュアルは購入前に読んでいましたが、JH5GHM さんの日本語マニュアルも同梱されていて助かりました。
草刈りから始め、試行錯誤で丸一日かかって完成。
日没前でしたが 80m の OTH が S4 位変化するので面白いです。

7/2
またポールが縮んでいました。Uボルトで固定してやり直し。
マニュアルのテストは正常。
エレメントの底辺の長さを同じにし、FB比の調整をしました。
BC と 80mOTH を受信すると、指向性がそこそこあります。
しかし 6D & DL でそこそこ忙しく、肝心の DX を見つけられず、使い物になるかどうかはいまだ不明です。

7/6
FedEx から消費税の請求書が到着。

7/9
またポールが縮んでいました。準備していた EA463CA が早速役に立ちました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2016 | Main | August 2016 »