« 2015 WAE CW SINGLE-OP HIGH #2JA | Main | QSL返信 »

2015 全市全郡

、備忘録。

いつものトランシーバ2台と CW Skimmer Server 用のSDR に加え、Waterfall 用の Dual Channel SDR の SO5R 運用を試しました。

自宅の Remote skimmer も準備していたのですがパケットがつながらず残念でした。
お山の方角の建築中の建物が、手前の建物の向こうに見え始めていました。

HDSDR + AFEDRI の Waterfall で始めてフル参加しました。瞬時に過去数10秒の2バンド全体の状況がわかるというのはすばらしい経験です。Condx の把握、空周波数探し、OTH レーダやノイズの状況把握、などなど。
Core2 duo で CW skimmer server 192Khz と同時に動かしましたが CPU は余裕でした。
トランシーバと QS1R とAFEDRI をパラ接続するのでかなり信号強度は落ちます。でも聞こえなくなることはまずありませんでした。弱くて聞きにくいときは、受信機の感度をあげるか SDR の接続を外しました。分配器なしでも大丈夫そうです。
途中感度が落ちて原因がなかなかわかりませんでしたが、単にBNCの外皮と芯線が接触していただけでした。
Waterfall の表示がいつのまにか薄く(信号が弱く)なったり、周波数表示が違うような感じ(音声未確認)が何回かあって、そのつど再起動しました。
sync from Omni-Rig を使うとときどき周波数がとびました。
モニタの縦方向にもう 2-300 ピクセル欲しくなりました。
ついてきた mini-USB プラグをねじってゆがんでいたのですが、途中でANTをつないでしたら粉々に粉砕してしまいました。車の中にデジカメ用のケーブルがあって助かりました。
設営しながら、いろいろテストしながらの運用でQRXした時間と、遅刻に寝過ごしを少しは挽回できた、かも?

CI-Vfilter が頻繁にフリーズするので、途中から手動に切り替えました。virtual port を CI-Vfilter + N1MM か Omni-Rig + N1MM で使うなら正常に動作します。

夜が明けてから、NR を送っている間に寝てしまい、相手の NR を聞き漏らすことを繰り返したので、久々にエスタロンモカを服用しました。半分の6時間おきに1錠で十分効きました。ハイチオールCとショコラも併用。

40/80m はほとんど低めの 22/25mh 位で、日曜の夕方からフルアップして27/30mh でした。大票田の1エリアでの信号強度を他局と比較すると、

15acag80おや? 80m は低いほうが1エリアでは気持ち強かったようです。

15acag4040m は 3el と IV を切り替えながら使っているので、ばらついていて高低の差はよくわかりません。

15allja40_2ALL JA の日中は低い 3el  or IV でしたが、信号強度は高いほうが強いけど、他局と比べると低いほうが強いようで、どちらがよいかわからないなぁ。

今回 40m でクリックが気になる局が多かったです。個人局と社団局の各一局は劣悪で、あんなに混雑していたのに上下誰もいませんでした。WW はモニタして汚い電波の参加者を失格にするので偉いなぁ。

最後の 2h は 80m で修行になり、缶チューハイの助けを借りました。
終了後カップやきそばを頂き、ここではじめてHDSDR にヘッドフォンをつなぎ、AF をトランシーバと比較しました。HDSDR はほぼデフォルトですが、同じようによく聞こえます。AF の遅延と周波数がとびとびで追従する点が実用的ではありませんでしたが、設定を変えて大分よくなりました。
この辺でバタンQ~。またいろいろ設定を試してみましょう。
終了後すぐ寝れることは稀なので極楽でした。

|

« 2015 WAE CW SINGLE-OP HIGH #2JA | Main | QSL返信 »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015 全市全郡:

« 2015 WAE CW SINGLE-OP HIGH #2JA | Main | QSL返信 »