« 2014 CQ WW DX CW Classic #1JA | Main | QSL返信 »

N1MM+ と GRITTY で RTTY

RTTY は設定箇所が多いのでなかなか手が付けれずにいましたが、ARI でやってみました。

SE-U55SX のインストールはUSB接続するだけでした。
MMTTY と 2Tone はフォルダごと設定ファイルと一緒にコピーしました。
あとは Duo 君の N1MM classic をみながら設定しました

GRITTY はインストールして N1MM+ の DI window で設定します。
DI-1 の Open Add. RX Window で DI1 RX Window | Setup の GRITTY Setup でパスを指定して完了です。
複数起動すると .ini ファイルもその分生成してくれます。GRITTY のヘルプのバッチファイルによる設定を N1MM+ がしてくれました。
最初 MMTTY, 2tone でプリントしているものが見えませんでした。ところが反対チャンネルのクロストークはちゃんとプリントしています。、サウンドカードへの入力レベルを下げて MMTTY の XY スコープでマークとスペースがかろうじて分かるくらいまでにしたら、MMTTY 並になりました。
同時に動かしている RTTY Skimmer Server で spot されたほとんど聞こえない局がデコードできないことがありました。受信は QS1R にさせたほうがいいのかも。
他のデコーダにない機能は、デコードの確度が色表示され、マスターデータとの照合したコールも表示されることで、これで再送や減点を減らせるかもしれません。

いまのところ一長一短ですが、一番よく見えるのは 2tone でした。
入力レベルによって各デコーダの識字率がどうかわるか実験してみようと思います。

|

« 2014 CQ WW DX CW Classic #1JA | Main | QSL返信 »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference N1MM+ と GRITTY で RTTY:

« 2014 CQ WW DX CW Classic #1JA | Main | QSL返信 »