« QSL返信作成 | Main | 2011 RTTY Roundup Single OP, High #3 JA »

2011 関西VHF

ALL JA までにあげた ANT の使用感を自分で確認したくて、芝刈りのあとお山へ直行しました。
'09 より色気を出して、開始時間から参加しました。

その忘備録。

地上高を上げた X7000。自宅GPとはS9+ですが、大気の状態でSはかなり変化しています。DD はまだ不安定。次は自宅八木と対向実験してみましょう。
1.2G は、'09の 6QSO から 3QSO に減り、最遠も@23から@22となりました。そういや '09 は loop とプリを使っていました。今回も比較しておけばよかったなぁ。
144,430Mhz も、@22,23 とのQSO数を見る限り改善の実感はありません。
前より飛ばなくなったのか、単に参加局が少ないのか。も少しQSOの実績が欲しいところ。
となると、やっぱり 6D かなぁ。

50M は、8el x 2 のほうが 5el x 2 より S1程強く、S/N はほぼ同程度。S1程度の差なら 5el x 2 の方がブロードで局数は増えるはずなのですが、どうしてもゲインのあるほうを使ってしまいます、hi。

28MHz 4el はALL JA で既設の 5el とほぼ同等だったので、今回は50MHzと同じマストに載っている 4el のみ使用しました。

ついでに CQ-M をやっていたので 30+αmh の C3-s と、20+αmh の CL20,CL15 を聞き比べ。C3-s はS1-2 弱いのですが S/N は良く、カスカスの局のコピーはかなり優位でした。2el にしてはなかなかです。
ということで、次回は S の強い(ゲインのある?)アンテナで送信し、S/N の良い(地上高の高い)アンテナで受信をしてみることとします。

N1MM と TS-790G を繋げるために、インターフェースケーブルも改良
やっと表示が正常になりました。


|

« QSL返信作成 | Main | 2011 RTTY Roundup Single OP, High #3 JA »

jh4utp contest result」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73104/51689609

Listed below are links to weblogs that reference 2011 関西VHF:

« QSL返信作成 | Main | 2011 RTTY Roundup Single OP, High #3 JA »