2016 YO DX, SCC, KCJ

、備忘録。

(左)YODX, KCJ (duo) : N1MM classic, u2r, CW skimmer server + QS1R#1
(右)SCC (i7 860) : N1MM+, COM port INF., RTTY skimmer server + QS1R#2

duo の DVK の録音の音が回り込み気味。先日 u2r の FW を更新したのですが、USB device router が古いままだったので、こちらも新しくしてなおりました。

PW1 が増幅しないのでしばらく悩みましたが、ACC ソケット半差しの接触不良でした。

同軸、RCA、DCケーブルの不良を発見し、はんだごて出動。

そんなこんなで設営 4h。疲れ果てて、競技開始前にバタンQでした。

N1MM classic が何回かフリーズしました。電源SW長押しないと直りませんでした。
Funcsion key の設定が途中までしか送信されない現象も何回かありました。

BANDMASTER がバタつく現象は、VSPE でつないだ HDSDR を終了すると発生しません。
duo の HDSDR も相変わらず周波数が飛びます。
なかなか waterfall を安心して使えません。

PW1 送信で VL が SWR 異常を検出するのは、初めての経験でした。

SAL-20 を(右),(左)とも使えるようにしました。同軸SWで送信ANTとの切り替え。右左の切り替えはコネクタの差し替え。
80m で送信後、感度が低下。UNI SW を押すと戻ります。SAL の同軸接続部にパッチントコアをいくつか挟んだら発生しなくなりました。

PCの動作不良(なんだっけ?)、PCにつながるケーブルをまとめてパッチンコア挟んだらなくなりました。

草刈り 1h。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 IOTA

i7 860 の Mixed mode の実戦テスト。
N1MM+, u2r, CW skimmer server + QS1R, HDSDR + AFEDRI, VSPE, Wintelnetx + TNC
概ね快調でした。

日曜の午後は豪雨になり、雷鳴と共にモニタと照明が消え、数秒後に復旧。ソフトは瞬断前のまま動いており、PCには影響がなかったようです。
とおもいきや、AFEDRI の 2ch 側の waterfall が真っ暗で何も受信していません。切り分けしても PC を再起動しても症状は変わりません。雷で SDR が壊れたと覚悟しましたが、自宅でテストしたら正常に動作していて一安心。原因不明です。

今回の環境だと Fldigi が音声を認識してくれませんでした。サウンドの設定でしょうが、面倒で調査もしませんでした。ということで CW Reader の実戦テストはまた次の機会です。

SAL-20 は、IARU と IOTA で使いましたが、あまり活躍の場はありませんでした。
IARU の 80m は、R-DP よりましな場面がたまにあった程度の様で、受信信号の弱さのほうが気になったようです。
IOTA では、40m は 3el より僅かにましという場面が何局かありました。
80 と 40m はサブ ANT が IV で耳が悪いので、 ビーム方向が瞬時に切り替えれるのは便利でした。
20 - 15m は送信ANTが良いです。10m はノイズしか聞いていません。
40 - 10m は送信 ANT よりかなり信号が弱いです。
ヌルの切れは、中波から 15m まで鋭いです。OTH、電気柵のクリックなどよく切れます。
近隣からと思われる S9 のノイズが、ビーム方向に関係なく S1-2 になりました。ループアンテナならではと感動しました。競技中にはこのノイズはなく幸いでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

N1MM+ の設定

面倒で先延ばしになっていた i7 860 の N1MM+ 設定の続きをしました。

DVK
N1MM+ と Windows 7 は不安定で、
N1MM classic と Windows 10 は録音のたびにサウンドの設定を変えるのが面倒でしたが、N1MM+ と Windows10 ではどうかと試しました。
☑ Use Logger+ Audio して
Logger+ Audio Setup & Monitor でサウンドカードを指定して...
ノイズしか録音ができません。
サウンド設定をあちこち変えても変化なく、u2r のFW と USB device router を最新にしてもダメ。
結局 u2r の MIC 出力ジャックの接触不良でした。MIC 系統をすべて無水アルコールで掃除をしてマシになりました。
ところが、他のことをやっている間に再び録音がノイズだけに。CW まで送信できなくなりました。PC の再起動で復旧。わけがわりません。実戦投入に不安が残ります。

ついでに先日入手した
ModMic 4.0 Uni-directional  without Mute
のテスト。
ノイズ環境によいとの説明ですが、HC4 のほうがクリーンです。取り付け機構が秀逸なのに惜しいです。EC なので、設定変更してレベルも再調整しなければいけないのも面倒です。
昔ボツになった audio-technica AT810X を コンプレッサー経由で試してみたらなかなかよいです。実戦で試してみようかな。

CW Reader
N1MM+ に追加になっていて前から気になっていました。
Fldigi をインストール。周波数ドンピシャでないとでデコードしてくれません。耳で聴きとれるうちは無用の長物ですが、疲れると長いコールがとれなくなってくるので役立ちそうです。
Mixed mode のときは mic が2系統要るので、CW だけのときに実戦テストしましょう。

WintelnetX
N1MM+ はパケット機能がなくなったので、
TNC + local skimmer -> N1MM+
設定を作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

QSL返信

143QSL/408QSO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 DL-DX RTTY Multi Op #1/1 World

結果が発表されていました。早い!

この部門に参加したのは1局だけでした、hi。
低スコアで恥ずかしいですが、ここに載るのが楽しみです。16dlry

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Preliminary results CQ-M 2016 B3 SOAB MIXED #1JA #13World

発表されていました。

大分減点されています。
ここ何年か Final results は発表されていないので、これが実質最終結果となるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 ARRL DX CW 40m #2JA

結果が発表されていました。

# Call Score Class 160 QSO 160 Mult 80 QSO 80 Mult 40 QSO 40 Mult 20 QSO 20 Mult 15 QSO 15 Mult 10 QSO 10 Mult
1 JH4UYB 580,635 S 24 12 136 33 332 45 129 37 406 52 18 8
1 7M4CLF 58,926 S 0 0 0 0 431 46 0 0 0 0 0 0
2 JH4UTP 40,635 S 0 0 0 0 311 45 0 0 0 0 0 0

マルチは健闘していましたが、QSO は Low power 以下です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 ARRL Roudup #8 World

結果が発表されていました。
ARRL のTop 10 box 入りははじめてかもしれません。
JA では3番目のスコアです。
Claimed score から順位を落としています。

non W/VE# Call Score QSOs Mult Class Power Section Club 80 QSO 40 QSO 20 QSO 15 QSO 10 QSO
55 JM1XCW 51,168 545 96 U B JA   4 249 130 162  
80 JA1OVD 39,605 451 89 S B JA     185 95 171  
84 JH4UTP 38,285 416 95 M B JA   7 217 47 143 2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 DL-DX RTTY & 6m and down

2つのコンテストに同時に参加するために、無線機とPC2セットをスタンドアローンで使いました。

6m and down (duo) : N1MM, u2r, CW skimmer server + QS1R#1
6m ではイマイチな QS1R の感度と、分配損失を補うために、強化した1kwの直下プリを RX と QS1R の分配前に入れました。先日作ったハイブリッドは 6m の SWR が高いので BNC-T で2分岐です。HF を 同時運用するので QS1R 保護のためにBPF もいれました。BPF はプリの後に入れましたので、微弱な局の受信に貢献したと思いたいところです。HF の Kw にもよく耐えてくれました。ただし ANT の組み合わせによっては、激しく被ることもありました。

DL-DX RTTY (i7 860) : N1MM, COM port INF., RTTY skimmer server + QS1R#2
受信は TX ANT と SAL-20 を切り替えれるようにしました。
6m を 同時運用するので QS1R 保護のために LPF もいれました。
RTTY Skimmer Server は、時間帯によってはやっぱり Throttle 60-70% くらいです。このくらいの負荷だと RTTY のデコードが時々短時間止まることがありました。RTTY Skimmer Server と N1MM は別 PC のほうがよさそうです。
Gritty はごくたまに優位なことがありますが、あまり出番はなかったです。

20166d
SDRを壊さないように、たくさん要る変換コネクタの不足がないように、接続をあらかじめ検討しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AS-SAL-20DX

耳の悪い 80m (R-DP) 用の受信ANTを検討してきました。
SAL-20 ならときどきノイズに悩まされる 20m にも使えますし、SAL-30 への Upgrading Kit も用意されています。
SAL-30 については、2014 Tokyo Top Band Meeting の講演が参考になりました。
各受信アンテナの比較は CTU が興味深いです。

6/5
$ が安くなってきたのでポチ

6/21
FedEx 出発。部品の納入待ちで遅れたこと、送料訂正のお知らせ。web の表示よりずいぶん安くなりました。
この間、$ はさらに3円ほど安くなり、しめしめです。

6/24
FedEx 到着。
G 国 EU 離脱決定でさらに $ が3円ほど安くなっていて、ちょっと気分損した気分。
この日たまたま£を買う用事のあった家人はニコニコ顔でした。

6/25
工事。ポールは以前折った W-GR-1000 の折れた部分を縮めたままで使いました。調整し始めると張力がかなりあり、ビニールテープで巻いていただけの継ぎ目がじわじわ縮みます。幅広の防水テープを継ぎ目の上段にしっかり巻き、エレメントの最頂部も手持ちのクランプで固定して、しっかりしました。
英文マニュアルは購入前に読んでいましたが、JH5GHM さんの日本語マニュアルも同梱されていて助かりました。
草刈りから始め、試行錯誤で丸一日かかって完成。
日没前でしたが 80m の OTH が S4 位変化するので面白いです。

7/2
またポールが縮んでいました。Uボルトで固定してやり直し。
マニュアルのテストは正常。
エレメントの底辺の長さを同じにし、FB比の調整をしました。
BC と 80mOTH を受信すると、指向性がそこそこあります。
しかし 6D & DL でそこそこ忙しく、肝心の DX を見つけられず、使い物になるかどうかはいまだ不明です。

7/6
FedEx から消費税の請求書が到着。

7/9
またポールが縮んでいました。準備していた EA463CA が早速役に立ちました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«N1MM+ で RTTY