2021 XPO

、備忘禄。

6m BPF
Dunestar model 300 を忘れたので、シャックにある信和BPFを久々に使ったらSWR=3でした。2018年は正常だったと思うのだけど、うむむ~
BPFなしでも被りなくQSOできたのでよかったですが、QS1Rを壊すわけにはいかないので6mはローカルスキマを諦めました。

160m IV
給電点を改良して初めてのQSOでした。被りも回り込みもなくなり快適になりました。

Dunestar model 600 x 2
ほとんど被らず、自作BPF切替器よりよいです。
SWR が高くなる2号機の 80m は、CW だと良好です。VL1000 押すときは 50W 位ですが、連続送信するとやはり徐々にSWRが上がっていきます。

FT-1000MP Mark-V
FTDX5000と比べると、他のバンドに相当ノイズを見き散らしてる感じです。

u2R noise
電源ONで20mのノイズがS2-3増えます。どうしていままで気がつかなかったのでしょう? 安定化電源を無線機と別の100V系統に繋ぎ変えて解決しました。

SO2R 顰蹙オペミス
SO2Rでなければ今回のQSO数はとても達成できなかったと思いますが、
・Alt+Q 操作を間違えて、呼びに行った相手の周波数で CQ
・F+⇅のつもりでCtrl+⇅で上下spot周波数でCQ
などの顰蹙なミスもいつになく多かったです。
ご立腹と思われる隣接CQもありました。かさねがさね申し訳ございません _o_

| | Comments (0)

来月から無料特典を適用するといいながら 2か月課金し続けたNifty

5/18
Nifty へ ADSLから Softbank Air へ変更を申込みました。

5/27
Softbank Air が到着しました。さっそく使い始めました

5/31
nifty ADSL 解約しました。

7/14
"Nifty ID 275円/月 60か月無料" が適用されていないことに気づきました。
条件も手続きも複雑だったので、私のミスがなかったか電話のやり取りの記憶を蘇らせメールと文書も熟読しました。Nifty が約束を守っていないことを確信できたので、6月分275円から無料特典を履行するよう連絡しました。
折り返し”調査する”と返信がありました。

7/17 
調査結果(?)が届きました。

(前略)誠に恐れ入りますが2021年7月分より、割引特典適用がスタート(2021年7月度から60ヶ月間、@nifty基本料月額料金無料)となります。何卒ご了承くださいますようお願い申しげます。(後略)

一ヶ月分損するけど僅かな額だからまぁいいか、と思ったのですが...

8/8
7月分の利用料金がwebに掲載されました。275円課金されていました。
6,7月分から無料特典を履行するよう連絡しました。
8/27の6月分のクレジット払いの取消も依頼しました。

8/12
”@nifty基本料金コースへの変更受付のご案内” が届きました。

(前略)
料金コース  :月額250円(税抜)
特典     :250円×60カ月割引
特典開始月  :2021年08月
(後略)

問合わせる度に特典の適用を1月ずつ先延ばしにして課金を続けています。
6,7月分275円x2の無料特典を履行するよう、再度連絡しました。
「お客様ご満足度調査」のアンケートが 8/10 に届いていたので、上記経緯を添えて不満を伝えました。

8/14
8/12 のメールのお詫びが届きました。

(前略)このたびは、弊社ご案内メールが送信されたことにより混乱をお招きし、再度お問い合わせのお手数をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。前回のご案内と重複となり恐縮ではございますが、お問い合わせの件につきましては、現在調査中でございます。調査結果後に、あらためてご連絡いたしますため、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。(後略)

間違ってメール送ったということかしら? 説明がなく不安です。

8/21
下記メールが届いたので、返金先を連絡しました。

「@nifty基本料金コースの60ヵ月無料特典」につきましては、2021年6月度からの適用とさせていただきます。
誠に恐縮ではございますが、6月度と7月度につきましては、すでにご請求済により請求をお止めすることができないため、一旦お支払をお願いいたします。
その上でお支払いただいた分につきましては、ご返金の手続きを行わせていただきたく存じます。

8/27 6月分、9/27 7月分の支払に、応じることにしました。
相変わらず理由の説明はありません。約束が履行されるか不安です。

9/5
8月分の利用料金がwebに掲載されました。「コラボ割引」で0円になっていました。
10/27 の8月分支払を確認するまで不安は続きそうです。

9/7
「ご請求額確定のお知らせ」メールが届きました。
webに掲載されてた2日後におしらせメールが届くとは、のんびりしています。

9/10
6,7月分が返金されました。

9/14
9/27  7月分の支払い通知がありました。

不安は募り、時間も浪費させられました。

| | Comments (0)

9月11日の作業

9月6日朝仕事をしていると、KCM の方から電話。 JH4WBY シャックのエレベータが動かなくなったとの事。説明を聞いて写真も送ってもらいましたが、原因がわかりません。仕事しながらでは対応のしようもありませんでした。 

11日 やっと時間が取れたので調査に行きました。

最初はウインチ異常を疑いましたが、正常でした。かなり徹底的に分解点検しました。
・起動用コンデンサの交換
・錆びたねじの交換
・グリスの再充填
をしておけばまだまだ使えそうです。

お次に KT20R 頂部を調べると
・プーリブラケット/後 FB-50x404
・タワー section 1T の主柱の1本
・ベアリング台
が変形し、ワイヤがプーリから外れて隙間にかみこんでいました(写真撮るの忘れました)。

Photo_20210913224304

プーリの軸受は粉砕されていました。

Photo_20210913224305

エレベータが天辺まで上がった後も、ウインチの巻き上げを続けて変形させたと思われます。プーリブラケットが変形してワイヤが滑車から外れたにもかかわらず、ワイヤは切断せず、プーリブラケットの破断もなく、落下を免れたのは幸運でした。
エレベータ降下時は、外れたワイヤがプーリブラケットをこすりながら自重で下がったようです。これまたワイヤとプーリブラケットが持ち堪えて幸運でした。
エレべータが落下していたら人身事故となった可能性が高いです。昇降操作を行っていた方と200v 引込線を直撃し、シャックの屋根を押しつぶしたことでしょう。シャック内の方々も無事では済まなかったと思われます。
ワイヤは 6mm 径に太くしていたのですが、もしクリエート標準の 4mm 径だったら切断の可能性はより高かったでしょう。
また、滑車を支持する金具の溶接部部にはひびが入っており、破断の可能性もありました。
惨事の一歩手間であったことがわかってきて、恐怖に体が震えました。
そして KCM の方にエレベータ操作を許したことを深く後悔しました。

Photo_20210913224301

ワイヤーも傷だらけになっていました。

Photo_20210913224303

予備のプーリブラケットに交換しようとしたら、主柱が変形しているので穴が合いません。主柱はさすがに固く人力では変形を修正できませんでした。しょうがないのでプーリブラケットを手で変形させて無理やり穴に合わせ、ボルトで締め上げました。

Photo_20210913224302
まちがってボルトの向きが逆になっています。こんなミスをするようでは、もう作業はやらない方が安全かもしれません。

ワイヤを張りなおして上げ下げはできるようになりましたが、最上部で止まった後ウインチの張力で再びプーリブラケットがぐにゃりと斜めに傾きました。主柱の変形でプーリブラケットをしっかりと直立固定できず、力がかかると斜めに倒れるようです。
さらに変形してまたプーリから外れて動かなくなる恐れがあるので、ここで修理を諦めました。
WAE SSB の機材は、車に積んだまま持ち帰るほかありませんでした。

今回お2人の方がお手伝いをしてくださいました。修理を諦めて設備の縮小を始めようかと弱音を吐く私に、クリエートタワーの工事経験が豊富なお2人は一番上の段の丸ごと交換をすすめてくださり、お手伝いも申し出てくださいました。困ったときに手を貸してくださる情が心に染みます。ありがとうございました。

とはいえ、修理するとしても、完了までには相当な工数がかかりそうです。
20m 15m の主砲を失い、低いコンクリート柱のトライバンダと 2el だけになったので、DX コンテストは当面諦めざるを得ません。

作業に先だち KCM の方にも、修理の「手間」を分担してほしい、とお願いしたのですがお返事はいただけませんでした。

恐ろしく悲しく辛い出来事に消沈し、考えがまとまらないまま日々が過ぎています。

| | Comments (0)

Raw Scores Before Checking 2021 WW Digi DX Contest

発表されていました。

JH4UTP / Single-Op High All Bands 
#1 JA
#3 Asia
#11 World

今年は Low #1 Asia 盾の可能性があったのが少々残念でしたが、
HP の JA レコードが期待できそうです。
とりあえず、

よかった、よかった。

| | Comments (0)

Dunestar model 600, 333v1 & 333v2

8/17 ポチ
8/26 発送
9/3 到着

model 600 (2台目)
1台目はD-subが丸ねじで止めてあったり、27MHz仕様になっていたりしました。
2台目はちゃんとD-sub用の六角になっていました。
ケーブルを作って SIXPAK に接続して SWR を測定すると 3.5MHzだけ 3近いです。3.8Mhzで 1.2 位に下がります。MFJ-259B で測定すると3.5-3.8MHz≒1.0 で正常です。何だこりゃ? いろいろ試して 20w以下だと良好ですが、電力を上げるとSWRが上がることがわかりました。他のバンドは良好でした。ふたを開けて中を見ると 80m だけチップコンデンサが小さいのが気になります。
問い合わせのメールを送って返事待ちです。

model 333v1 & 333v2
10m と 15m の下端の SWR が高いです。蓋を開けてコイルをつまんで良好になりました。他のバンドは良好でした。各バンドの中空Lが入っているだけの単純な構造でした。これなら自作でもよかったかな。
TX-model 600 -CMF - SIKPAK - model 333 - ANT の SO2R 構成で全バンド相互の被り具合を調べました。15m->10m だけ被り、10mにもう一段 BPF が必要でした。これ以外は全くかぶりなく快適です。
model 600 は電源を失うとスルーになるので、この状態でSO2R 送信するとトランシーバを破壊するかもしれません。受注時に、”BPF要るよ、ないとトランシーバ壊れるよ、買わない?” とメールがきていたおかげで、テスト中に気が付きました。Dunestar 推奨の model 333 相当を接続するか、model 600 のスルー回路を切断するかしたほうが安全そうです。

| | Comments (0)

2021 CQ WPX SSB Log Check Report

が届きました。
ミスコピーの半分くらいは YB と BY で発音が聞き取り難く苦労はしたのですが、私の脳に音声認識障害があるのかもしれません。

score reduction
2021 -19.4% Median score reduction for all logs: 11.8%
2012 -17.8% 

ところで 2021 WPX RTTY は Results と line score が8月頭に発表されたのですが、Score Database は WPX SSB に追い越され未だ更新されず賞状にお目にかかれていません。
結果発表が雑誌より早く、LCR もすぐ送ってくれた W0YK  がマネージャだったころが懐かしいナ。

| | Comments (0)

2021 WW DIGI

、備忘禄。

160m IV
使っていたバランはそもそも 80m用 でコアが数個でした。安易に流用した私のミスでした。BL-4K +CMF(FB-77-1024 x20) に交換して、ロータの指示針がぐるぐる回る現象は解消しました。無線機のAFにまわりこむようになりましたが、送信音はクリアなので、これで我慢してCQをだしました。残念ながら 0 QSO でした。

N1MM+
昨年の ini ファイルを使いました。
EW2が起動しませんでしたが、パスが未設定でした。無線機もつながらなかったのですが、原因は...なんだっけ? COM の設定間違いだっけかな。
間違って他のコンテストで入力した開始直後の 4QSO を追加する方法がわからず、cabrillo に手動で追加してログをアップロードしました。表示スコアにはこの 4QSO が含まれていません。

WSJT-X
EW2の表示コールがみな同じ色で未交信かどうかわかりませんでした。PC再起動で復旧しました。

IC-7610(EW1)
ARRL RU の設定をロードして簡単に変更完了できました。
VL1000  と連動させる LIF-59 の IC が BANDDATA からの回り込みで壊れないかと心配でしたが、追加で取り付けたパスコンとコアのおかげか24h快調に動作しました。安全のためにフォトカプラ―経由にしたかったのですが、部品がそろったのが前日で間に合わず、損傷覚悟で使いましたが、何事もなくよかったです。

FTDX5000(EW2)
PC OUT を 前面 MIC に直結したのですが、回り込みで音になりませんでした。抵抗入りのケーブルにすると、いろいろなノイズのってこれまたひどい送信音です。競技開始前に解決できず、競技開始後に予備PCも試しましたが変わりません。抵抗入りケーブルで背面のMIC端子に接続して、やっとクリーンな送信音が得られるようになりました。FTはUSB接続がラクチンでよいと身に染みました。
終了後、AFフィルターが 100-3000HZ になっていることを発見しました。わざわざ USB で 4KHz に広げてやっていたのですが、ガックリ。ワイドグラフの色の変化で感づくべきでした。

VL1000
1KW フルパワーで 24h もつか心配でしたが、問題ありませんでした。ATU を使わなかったおかげかも。

S/N
理論値は FT8 -21dB、FT4 -16dB あたりだそうですが、ALL.TXT の最弱は FT8 -24dB, FT4 -21dB でした。USB接続の EW1 と、i7 2600 オンボードサウンドカード接続の EW2 に差はありませんでした。
20m と 40m で交互に run していた 16Z の 20m の最弱は FT8 -21dB, FT4 -18dB だったので、40mの影響を受けているようです。

NIL
FT8/4 は NIL が多いので結果が発表されるまではらはらドキドキなのですが、ハイパワーなので相手には届いているだろうと R が見えなくても再送してログインする強引な QSO も少なからずやりました。さてどのような結果になるでしょうか。

SO2R
EW1 と EW2 が
・同じモードの RUN+RUN は、ODD/EVEN 交互に CQ
・同じモードの CQ と S&P は、たとえば EW1 で CQ を送信する直前に EW2 で表示された局だけを素早くクリック
・異なるモードだと、同時に QSO しない。たとえば EW1 の QSO が完了するまで EW2 は送信しない。
このルールで同時送信せずに効率よく QSO できました。
以前は時間表示を見て判別しようとして、同時送信しまくっていたのでした。
またこうしないとQSOが中断してうまくありません。
でもインターロックがある方がやっぱり安心ではあります。

QRG
FT4
1.840 誰もいません
3.528 誰もいません
3.570 誰もいません
3.580 出れないので聞いていません
7.038 誰もいません
7.080 昨年より賑やかになりました
14.080 一番賑やかでした
21.080 ちょこっとできました
28.080 1QSOでした
FT8
1.844 誰もいません
3.531 国内ばかりでコンテストいません
3.573 コンテスト以外ばかりでした
7.041 国内ばかりですがCQ出したら少しQSOできました。コンテストでない方も結構呼んでくださるのですが、S/N の送り方がわからず無限ループとなってごめんなさい。
7.090 賑やかでした
14.090 賑やかでした
21.090 開けると賑やかでした
28.090 3QSOでした
上記周波数から3KHzまでの帯域内で周波数が確保できないことはなかったので、その上は聞いていません。混雑しているときに上に広がっている方がいるかどうか見るのを今年も忘れていました。
 

| | Comments (0)

JARL 会費を支払いました

e-mail で案内が届きました。

JARL主催コンテストとQSL転送にこの1年間もお世話になりましたが、昨年からは心境が少し変ってきました。

JARL主催コンテストへの情熱が薄れたのか、スコアが発表されれば賞状はなくてもよいと思い始めています。

QSL転送枚数も大分減ってきたので、郵便交換だけにすると年会費より安い 114枚/年以下に減らせるかもしれません。

JARLの財政はその昔よりはずいぶんよくなりましたが、社員総会のやり取りからは組織の健全さに疑問を感じざるを得ません。

とはいえ、BURO経由で素敵な紙QSLを受け取る魅力は、まだ捨てがたいので、いつもどおりの1年払いにしました。コンビニ決済で支払い、週が明けてマイページの会費期限が更新されていることを確かめて一安心。

来年また継続するかどうか検討するとしましょう。

| | Comments (0)

2021 WAE CW

、備忘録。

CWまわりこみ
長時間CQ素振りを繰り返していると、Radio B だけ下記の現象が発生します。
・送信が途中で止まる。だんだん短くなり、最初の長短点しか送信しなくなります。
・CQ repeat をしなくなる。
・Dueling CQ をしなくなる。
・符号が途切れる。
無線機と PC のすべてのケーブルにコアを入れても変わらず。AC フィルタも効果なし。
電源系統をバラバラにしたり、PC を再起動すると治りますが、しばらく CQ 出していると再現します。
VL1000使わないと大丈夫みたいです。
SO2R は諦めるしかありませんでした。未解決。困ったなぁ。

RBN (EU skimmers only)

JA 15m 20m 40m 80m total
 total 102 15213 2948 15 18278
JH4UTP 28 2307 861 5 3201
JA6GCE 8 2333 448   2789
JA0FVU 26 1279 200   1505
JH1GEX 1 1416     1417
JA1BJI 9 1125 265   1399
JL1QOC   937 378   1315
JH1EAQ 6 749 200   955

10m の EU-JA は 0spot でした。 

| | Comments (0)

再免許申請

1日目(休日)
新スプリアス規格への移行期限の延長施行されたので、再免許を電子申請しました。
6月9日に延長答申の発表があったので、施行を首を長くして待っていました。近々申請期限を迎えるので、間に合ってよかったです。ついでに少し期限が先の局の再免許も申請しました。

2日目
申請手数料の連絡があり、電子納付しました。

3日目
返信用封筒送付の連絡があり、郵送しました。

5日目
新しい免許状が届きました。
総通さん、いつも仕事が早くて頭が下がります。

*備考*
無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)による改正後の無線規則第7条の基準(新スプリアス規格)に合致することの確認がとれていない無線設備の使用は、令和4年12月1日以降、他の無線局の運用に妨害を与えない場合に限る。


同封されていた「重要なお知らせ」には、

(前略)その使用期限を当分の間、延長することとしました(新スプリアス規格への移行は継続しております。)。


経緯を鑑みるに、「当分の間」がいつまでなのか、見守りたいと思います。
とりあえず、新スプリアス規制に対応していない無線機がまだあるので、
よかった、よかった。

| | Comments (0)

«コミナティ筋注