WAEDC RTTY 2016 Claimed scores

が、発表されました。
#2JA, #9World
#1JA と比べると、QSO+QTC は 98% でしたが 、マルチは 84% と大差です。
36h の 75% で戦線離脱しましたが、100% 運用したとしても、40m の差はどうしようもありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月20日の作業

AM
高校の同窓会の部屋の片付けをお手伝い。段ボールを運んで階段を何十回も往復しました。なぜか私が在校時のQSLもありました。懐かしかったです。
 
PM
家人の送迎の待ち時間にお山へ行って、久々にクランクアップタワーの整備をしました。
先日分けてもらった農機具の廃油を、からからに乾いたチェーンに、たらたらとたらし、てらてらに。
ワイヤも素線の切れは数か所で増えた様子はありません。こちらにもたらたら。
軸受にはウレアグリスを吹いておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 WAE RTTY

、備忘録。

i7 860 : N1MM+, MMTTY, 2tone, GRITTY, u2r, CRTx2
i7 870 : N1MM+, RTTY skimmer server, QS1R, TNC

初めて実戦で N1MM+ のネットワークを組みました。
RTTY skimmer server と TNC を別 PC にしたら、N1MM+ のもたつきがなくなり快適になりました。Throttle はバンドがオープンすると絞られます。

CI-V の接点を無水アルコールで清掃したら、BANDMASTER のバタつきや動作不良がなくなりました。

ファイナルを2組交換して帰ってきた VL1000 で快調に参戦できました。八重洲さん、いつもありがとうございます。

TXが勝手に送信する現象が発生しましたが、使っていない VL1000 のコントロールケーブルが机に触っているためでした。丸ごとビニール袋にいれて解決しました。

全般的に信号が弱かったためか AF が少し大きすぎたようで、2日目から遠くでラジオ放送が聞こえるような幻聴を久々に経験しました。かすかに聞こえるくらいまで AF を絞ったら、数時間で解消しました。

QTCs: 10/0/* [Exch/Unsent/Available]
と表示されているのを見落として、すでに10QTC交換済の局にQTCを要求することが何回もありました。これまた、ほとんどの場合相手からOKの返事が来て、ここで Ctrl-Z が効かずエラーがでて ”SORRY I ALREADY SENT 10QTC TO YOU" と送っていました。
10QTC交換済の局にQTCを要求されることもしばしばでした。
短いオープン時間のロスになるので気をつけたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 CQ WW SSB Raw Scores Before Checking

が、発表されました。
Logs Received の classic の方をクエリで照合すると #1AS の様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

QSL返信

Cimg014011/4 到着。
131QSL/340QSO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 WW SSB

、備忘録。

One radio の Low Power なので、あっという間に設営完了したのですが、40m の SWR が異常です。
MAG340 のラジエータに C3s の同軸が接触して、外皮が溶けていました。自己融着テープを巻いて応急修理し、しっかり固定しました。C3s の同軸は酸化して真っ黒になっていましたが、SWR も良好で電波も飛んでいるので、同軸の交換はまた後日としました。

八重洲用の BANDMASTER が違うバンドを選択するので調べたら BAND DATA の断線でした。

そんなこんなで、シャック到着から競技開始まで3時間以上かかりました。
condx は劣悪だったので、影響は僅少だったでしょう。

PlanetarykindexAcemagswepam3day_wwssb

こういう condx だと 100w だと本当に飛びません。
10QSO以上 Run できたのはこの一回だけでした。

16wwssb_runs
CQ には応答がなく、ほぼすべて S&P なので、声を出すことがほとんどなく、とってもらくちんです、hi。

Packet spot timeout は60分に設定。自分でワッチしてバンドマップをつくるので、この位長ーくすると良いです。

20m は S9+ の局が応答してくれないことがしばしばでした。
13z に 3757 で W が6局続けて呼んでくれる、なんて嬉しいこともありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 JARTS

、備忘録。

競技が始まって2.5hくらい経ったとき VL1000 が、

WARNING !
#1003 PROTECTION CIRCUIT DETECTS PA UNIT IMBALANCE

を表示してスルーになりました。
その後は10~20秒くらい断続的に送信していると再現します。
数十秒待つと回復。
300w位だと連続送信できます。
祈る気持ちで蓋を開けてみましたが、目視では故障箇所は発見できませんでした。
諦めて、PW1 で run しながら、ベアフットか数百wで S&P しました。
能率が悪く、だんだんめんどくさくなっていきました。
修理に出しましたが、中古で買って14年使ち、この1年半で3回目の修理なので、そろそろ寿命かも。

その夕方40mにQSYしたら、PW1 がカツカツいうだけで出力がでなくなりました。
'16 Roundup と同じ症状です。
すでにVLが昇天しているので、万事休すです。
切り分けていくと、40m で SAL-20 をつなぐと発生し、外すと正常でした。
改造して基板からとりだしたRX IN につなぐと発生し、リアパネルのRX ANT なら発生しないので、これで凌げました。

AFEDRI をつなぐと、2tone のサウンドカードが勝手に切り替わり、いちいち手動で戻さないといけません。面倒です。N1MM+Wondows7では経験がない現象です。

CI-V を OmniRig と N1MM+ に VSPE で分岐すると、時々 Bnadmaster がばたついて 他のバンドを選択します。いつもは sub なので我慢できていましたが、今回は Run してる最中にこれがおきるので AGN? を送ったり送られたりが頻繁になります。たまりかねてWaterfall はあきらめました。
同時にN1MM のレスポンスが早くなりました。

日曜になって BANDMASTER が再び激しくばたつくようになってきました。
電源 on/off したらバンド選択をしなくなり回復しませんでした。しょうがないのバンドチェンジの度に手で SIXPAK を切替ました。いつもは自動なので面倒なことこの上ありませんでした。

日曜夜は20mが静かになるまでやって帰ることにしました。
20mでrunしながら片づけをしているときQS1RのUSBを抜いたらN1MM+がフリーズ。
バンドはまだ賑やかでしたが、神のおぼしめしと観念し、そのままQRTしました。

set dx filter mode=rtty で始めましたが、見えない局ばかりになって能率が悪いので spottercty=ja も追加しました。
local RTTY skimmer server の broken が多いので、 ValidationLevel を 0=minimal から 1=normal に変更して快適になりました。

NOW .... 省略をして、 AAAAAA TU BBBBBB 599 NR でやってみました。皆さんちゃんと応答してくれました。

2015年10月15日に一過性全健忘で30分の記憶を失って丸一年たちました。
家人は齢を考えて遊びなさいとおっしゃりますが、私的にはそれからは余裕をもってコンテストを楽しんできました。
今のところ再発なしです。
よかったよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 6m and down X50 #10JA #1JA4

結果が発表されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 OC CW & ACAG

、備忘録。

久々におうちで夜に南にビームを向けたらものすごいノイズです。
夜遅くなって看板照明が消えたら静かになりました。

40m 日曜の午後から時々感度が落ちて、SWRが跳ね上がります。
送信すると回復していましたが、夕方に上がりっぱなしになりました。
CMF と TX をつなぐ同軸を変えたらなおりました。
しばらくするとまた再現。CMFを交換したらなおりました。
コネクタをアルコールで掃除しました。だいぶん黒くなっていました。その後は再現していません。
R48DXM の故障じゃなくてよかった。

OC CW で 180m ができるかもと思い、久々に MV をあげました。
コイルとエレメントの接続が断線を直し、接触不良気味だったアルミホイルと錫銅線との接点をホースクランプで締め上げました。ところが、SWRのヌルが 2.0Mhz あたりで 2.5 もあります。
コイルをケースをから出して調べましたが異常ありません。
となると竹光部分が怪しいです。保護テープがきれて、酸化したアルミホイルが見えているところがあります。そのまま片付けました。作り直しかなぁ。

S&P は 100% RBN でした。
set dx filter cont=oc or cty=ja
RBN は久々でしたが、broken や CQ 以外の spot が多く、local skimmer に切り替えたくなりましたが、最後までこれで我慢しました。skip した時の空周波数探しには RBN のほうが便利なのです。
Packet spot timeout は12-3分に設定。
Skimmer server は 10分毎に spot を繰り返すので、 実際にCQを出している局と遭遇する確率が上がります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windows 10 Version 1607

先日から i7 870 のブラウザが遅くなって気になっていたのですが、標記をダウンロード中でした。
このところは数日おきに短時間しか電源を入れていませんでした。朝から電源入れっぱなしにして更新完了まで2時間以上かかりました。
1607 への更新もして、スキャンして完了。
このアップデートは Anniversary Update とも呼ばれているようです。

i7 860 も同様に更新。
N1MM+ SO2V を SO1R に変更したらフリーズ。
電源長押しして再起動すると COM2,3 がビックリマークになっています。再起動してもなおりません。
シャットダウンして、ボードを抜いて起動してシャットダウンし、ボードを挿して起動したら治りました。
ACAG で使っていますが、いまのところ快調です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«2016 CQ WW RTTY Raw Scores Before Checking