2016 SP DX SOAB LP #1 JA

がーん!
昨年まで毎年あった trophies or plaques のドナーが、今年はいらっしゃいませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 WW RTTY

、備忘録。

最大瞬間風速が 101QSO/h に達し、いまだかつてない経験でした。
今回マクロをだんだん短くしていきました。最大瞬間風速のときはこれです。
 CQ JH4UTP JH4UTP TEST
 his call 599 25 his call
 TU JH4UTP TEST

CQ の mycall 1回や、his cal なしでいきなり 599 XX hiscall もちらほらいらっしゃっいました。こちらもいつか試してみましょう。
コールスタッキングも多用しました。
 NOW ....
が長すぎてまどろっこかったです。省略しても大丈夫そうです。こちらもいつか試してみましょう。

S&P は、左手でダイヤル、右手はマウスで、マルチと未交信を探してうろうろ。

レートを上げよう、マルチを増やそうと QSY を繰り返しましたが、そのたびに数分を失いレートを落とすことが多かったです。One Radio だと、SO2R のように CQ 出しながら空き周波数を見つけて QSY することができないので、なるべく QSY を減らすほうが良さそうです 。

送信から受信状態に戻らないので調べたら、MMTTY の設定が
サウンド + COM-TxD (FSK)
になっていました。

N1MM+ フリーズ数回。原因不明です。

40m で数局 SAL-20 でないとプリントできない場面がありました。
大雨ノイズで 15m 5el が S9 でも、SAL だと静かでした。同じく静かな 20m 4el で運用したので出番はありませんでしたが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 IOTA Provisional Results

5回目は、
IOTA FIXED 全局の WORLD#49 (5down) JA#1
Island. - Single-op Mixed の WORLD#15 (4down)
IOTA FIX SOA MIX 24H HP の WORLD#7 (2down)
でした。

12h 部門だった JA#2 との差は20%しかありませんでした。
20m の滞在時間を増やし、ハイバンドは 34wpm、ローバンド 30wpm まで上げてみましょう。

自信のないQSOが多かったのですが、減点は減っていました。
2016 -9.89%
2015 -11.22%
2014 -19.04%、
2013 -15.46%
2012 -20.03%

Summary of score using the following formula:
((non-IOTA qsos+ qsos with same IOTA)x5  + qsos with other IOTA x15) x mults)= Final score

Score before adjudication from 893 valid qsos is:
   ( (619+50) x 5 + 224 x 15) x 182) = 1220310 points

Score after adjudication from 866 valid qsos:
[FINAL SCORE] is: ( (607+49) x 5 + 210 x 15) x 171) = 1099530 points (-9.9%)
[Average reduction from all logs -10.9%]

You have lost 11 multiplier credit(s) and 27 qso credit(s) as follows:
の内訳は、
CW 20, PH 7

BAD IOTA 4 IOTA を受信していないもの 2。 他は数字のミスコピー。
BAD SERIAL 17
BADCOPY 6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

このところ読んだ本と雑誌 +

鬼談百景 小野不由美

捨てられる銀行 橋本 卓典

小説 君の名は。 新海 誠

JARL News
CQ ham radio
NCJ 
アフタヌーン
Good! アフタヌーン
日経ビジネス
まんがタイムきららキャラット

2Qのお気に入り
ももくり
New Game
家売る女

Next One(初回限定盤)(DVD付)  GLIM SPAN ラジオのいなせな語り口に魅かれ CD+DVD をポチ。近所で演った2人だけのライブもすばらしかったです。
Unity Sessions Pat Metheny
Dr.Izzy (初回限定盤) UNISON SQUARE GARDEN ライブに行ったら最年長っぽかったです。2日後に娘は隣町のライブへ。て、ことでポチ。

巴里のアメリカ人
バケモノの子
コクリコ坂から 同軸ケーブルまで描きこんであってスバラシイ
ジョニーは戦場へ行った ... ___ ...
Oblivion
日本のいちばん長い日
オール・ユー・ニード・イズ・キル
The Band Wagon
Gandhi
あっという間の3時間でした
雲のむこう、約束の場所

| | Comments (0) | TrackBack (0)

QSL返信

Cimg0098JH4UTP:65QSL/189QSO
”QSLありがとうございました! ご請求いただいた以外のQSOも記載していますが返信は不要です”の一文を追加しました。交換の約束をしたもの以外は、PSE QSL が来たらその時点で未発行のQSOをすべて印刷しています。これに返信をくださる方も少なからずいて、そうしたお手間をかけさせないようにと考えました。

8N4HQ: 531QSL/541QSO
6日納期で注文したのに、入稿翌日に発送してくれました。ありがとう、グラフィックさん。
SSB を PH で印刷しているのに途中で気づき、30枚やり直しました。すぐに気づいてよかったぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RDXC-2016 Preliminary Results

が、発表されました。MOST JA レコードの 86%。まったく手が届きませんでした。

減点率を計算すると、

#1JA 14.3%
#2JA 19.1%
#3JA 11.0%
#4JA 22.2%
#5JA 24.3%

と、相変わらずの減点王ぶりです。
しかも、昨年より一歩後退でした。

2016 22.2%
2015 21.9%
2014 24.1%
2012 28.3%
2011 27.1%

ロシアのトップクラスも、12%あたりを中心に 7~20%くらいに広く分布していました。
人間の性能の差がはっきりでるなぁ。

UBNも届きました。
・私のミスコピー 57 (CALL 24, NR 33)
正しい文字-回数間違った回数
CW SSB
0-1 3-1
1-1 H-1
2-4 M-1
3-4 Z-1
4-4 その他(まったく違う、文字抜けなど)-3
5-3
6-1
7-3
8-4
9-3
B-1
C-1
M-1
R-3
W-1
その他-13
・相手のミスコピー 38 (CALL 14, NR 24)
・NIL 6
・QSO was not copied by * 6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 WAE SSB

、備忘録。

空電がひどかった 40m  は、3el より SAL-20 のほうが了解度が良いことが多かったです。
NE 方向で了解度も信号強度もよくなるので、翌朝接続をチェックしましたが、間違っていませんでした。

朝方 40m で延々空振り CQ の最中、spot されたとたん10局以上呼ばれ続けました。
SSB は、未だいかに spot を上げてもらうかが重要のようです。
といっても、人口の多い周波数で強い信号のCQを出し続けるしかないんでしょうけど。QSO数も、見事にspot数順のようです。

相当時間 10m で Dueling CQ をだしましたが 0 QSO でした。

呼ばれているのにコールが取れず何回も呼んでもらうことが頻繁でした。20m の信号が弱くノイズが多い時間帯が特に苦しかったです。4el(20mh) が一番よく、4el(15mh), 2el(32mh), SAL-20 どれも劣ります。コールが取れてもナンバーがどうしても取れず相手がいなくなったことも数回。
こうならないように、数回呼んでもらえばなんとかなりそうなときは”QRZ JH4UTP”, どうしようもなさそうなときは”JH4UTP CONTEST” 。
どパイルになっているのに、QRZ? と CQ を繰り返す1エリアを何回か聞きましたが、6エリアで聞くとわたしもこんな感じなんだろうなぁ。
6エリアの相手は聞こえないことがしばしばでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 YO DX, SCC, KCJ

、備忘録。

(左)YODX, KCJ (duo) : N1MM classic, u2r, CW skimmer server + QS1R#1
(右)SCC (i7 860) : N1MM+, COM port INF., RTTY skimmer server + QS1R#2

duo の DVK の録音の音が回り込んだような音。先日 u2r の FW を更新したのですが、USB device router が古いままだったので、こちらも新しくしたらなおりました。

PW1 が増幅しないのでしばらく悩みましたが、ACC 半差しの接触不良でした。

同軸、RCA、DCケーブルの不良発見。はんだごて出動。

そんなこんなで、設営 4h。疲れ果てて、競技開始前にバタンQ。

N1MM classic が何回もフリーズ。windows から再起動できず、電源SW長押し。
Funcsion key の設定が途中までしか送信されない現象も何回かありました。こちらは USB device router  の再起動で復旧。
PCにつながるケーブルをまとめてパッチンコアで挟んだらなくなりました。

Duo が AFEDRI を認識しません。LAN を認識していないことがわかったので、ハブを1番から4番に変えたらつながりました。
CI-V に使っている BANDMASTER がバタつく現象が、 VSPE で HDSDR をつなぐと発生します。
duo の HDSDR も相変わらず周波数が飛びます。
で、今回も waterfall は途中で止めました。

PW1 と VL 同時送信で、VL が SWR 異常を検出。初めての経験でした。

SAL-20 を(右),(左)とも使えるようにしました。同軸SWで送信ANTとの切り替え。右左の切り替えはコネクタの差し替え。
80m で送信後、0.?秒後に感度が低下。UNI SW を押すと戻ります。SAL の同軸接続部にパッチントコアをいくつか挟んだら発生しなくなりました。

草刈り 1h。最高気温28℃くらいで涼しかったです。最低気温は23℃くらいでTシャツ短パンでは寒かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016 IOTA

i7 860 の Mixed mode の実戦テスト。
N1MM+, u2r, CW skimmer server + QS1R, HDSDR + AFEDRI, VSPE, Wintelnetx + TNC
概ね快調でした。

日曜の午後は豪雨になり、雷鳴と共にモニタと照明が消え、数秒後に復旧。ソフトは瞬断前のまま動いており、PCには影響がなかったようです。
とおもいきや、AFEDRI の 2ch 側の waterfall が真っ暗で何も受信していません。切り分けしても PC を再起動しても症状は変わりません。雷で SDR が壊れたと覚悟しましたが、自宅でテストしたら正常に動作していて一安心。原因不明です。

今回の環境だと Fldigi が音声を認識してくれませんでした。サウンドの設定でしょうが、面倒で調査もしませんでした。ということで CW Reader の実戦テストはまた次の機会です。

SAL-20 は、IARU と IOTA で使いましたが、あまり活躍の場はありませんでした。
IARU の 80m は、R-DP よりましな場面がたまにあった程度の様で、受信信号の弱さのほうが気になったようです。
IOTA では、40m は 3el より僅かにましという場面が何局かありました。
80 と 40m はサブ ANT が IV で耳が悪いので、 ビーム方向が瞬時に切り替えれるのは便利でした。
20 - 15m は送信ANTが良いです。10m はノイズしか聞いていません。
40 - 10m は送信 ANT よりかなり信号が弱いです。
ヌルの切れは、中波から 15m まで鋭いです。OTH、電気柵のクリックなどよく切れます。
近隣からと思われる S9 のノイズが、ビーム方向に関係なく S1-2 になりました。ループアンテナならではと感動しました。競技中にはこのノイズはなく幸いでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

N1MM+ の設定

面倒で先延ばしになっていた i7 860 の N1MM+ 設定の続きをしました。

DVK
N1MM+ と Windows 7 は不安定で、
N1MM classic と Windows 10 は録音のたびにサウンドの設定を変えるのが面倒でしたが、N1MM+ と Windows10 ではどうかと試しました。
☑ Use Logger+ Audio して
Logger+ Audio Setup & Monitor でサウンドカードを指定して...
ノイズしか録音ができません。
サウンド設定をあちこち変えても変化なく、u2r のFW と USB device router を最新にしてもダメ。
結局 u2r の MIC 出力ジャックの接触不良でした。MIC 系統をすべて無水アルコールで掃除をしてマシになりました。
ところが、他のことをやっている間に再び録音がノイズだけに。CW まで送信できなくなりました。PC の再起動で復旧。わけがわりません。実戦投入に不安が残ります。

ついでに先日入手した
ModMic 4.0 Uni-directional  without Mute
のテスト。
ノイズ環境によいとの説明ですが、HC4 のほうがクリーンです。取り付け機構が秀逸なのに惜しいです。EC なので、設定変更してレベルも再調整しなければいけないのも面倒です。
昔ボツになった audio-technica AT810X を コンプレッサー経由で試してみたらなかなかよいです。実戦で試してみようかな。

CW Reader
N1MM+ に追加になっていて前から気になっていました。
Fldigi をインストール。周波数ドンピシャでないとでデコードしてくれません。耳で聴きとれるうちは無用の長物ですが、疲れると長いコールがとれなくなってくるので役立ちそうです。
Mixed mode のときは mic が2系統要るので、CW だけのときに実戦テストしましょう。

WintelnetX
N1MM+ はパケット機能がなくなったので、
TNC + local skimmer -> N1MM+
設定を作りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«QSL返信